FC2ブログ
女性たちの贅沢世界を 男性方にも是非どうぞ。 本格アレンジマッサージで お体と心を健やかに 小さな隠れ家オアシスで 優雅な寛ぎのひとときを TEL090-1719-7162 営業 12時~23時



絆とは与えられるものでもあるが、与える覚悟でもあるからだ。相手のために時間を割き、金を出し、労働し、不便を忍び、痛みを分かち、損をすることなのである。

改めて思うのは、ユダヤ人の「同志」という言葉の解釈だ。・・数年の忍従を経て、最後には命までも差し出すという点にある。

ユダヤ人も同じ考えだという。同志の資格ははっきりとしている。それは趣旨に賛同するなどという生ぬるいものではなく、共通の目的のために「血か、金を差し出す人」という条件がついている。

 つまり命の危険も納得し、金といっても千円や一万円の寄付ではない。自分の財産のすべてに近いような金を差し出す人というのが同志の資格である。それ以外の、心情的同調者や、懐も痛まない程度の寄付をするような人は、決して同志でもなく、多分絆を結んだ人でもない、とユダヤ人は言うだろう。
関連記事
スポンサーサイト




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック