FC2ブログ

大阪堺市のマッサージ隠れ家オアシスLotusの blog

女性たちの贅沢世界を 男性方にも是非どうぞ。 本格アレンジマッサージで お体と心を健やかに 小さな隠れ家オアシスで 優雅な寛ぎのひとときを TEL090-1719-7162 営業 12時~23時

Top Page › オススメ本 › 結婚は、運/曽野綾子 4
2018-10-14 (Sun) 08:05

結婚は、運/曽野綾子 4




寛大さは、人間の心としては優位にある温かい心から出るものと、信じていたのである。
ところが、それは違う、といったのは、夫の三浦朱門であった。

「僕は寛大さというのは、多くを期待しないことから来るとおもうね。だから本質的には冷たいんだよ。女房に寛大なのは、女房を当てにしていないからさ」
 私は即座に、当てにされないのは願ってもないことで、それより厳しく言われる方が困る、と答えた。

夫に言わせると、一般に他人に対して厳しい人というのは、他人が自分と同じようにすることを期待しているからだという。
ところが夫はしょっていて、自分と同じようにできる人間などいるわけがないから、他人が自分に望むようにしてくれるわけがない、それなら最初から、あらゆることを自分一人でしようと思うことにしたのだという。
他人に頼むことは頼んでみるが、やってくれなくても、もともとほとんど当てにしていなかったのだから怒る気にもならない。
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-10-14