FC2ブログ

血の騒ぎを聴け/宮本輝


「折れない針」より
出世作である「櫂」も、女流文学賞をうけた「寒椿」も、「一弦の琴」も、朝日新聞に連載された「序の舞」も、たおやかなその独自の文体に見惚れて、作品の底に沈められた、それこそ最も美しく、最も強靭な主題を見逃してはならないと言いたいわけである。・・・・・・・・・

だが、よく読むと、宮尾さんは、結局そこでは何も書いていない。その辛苦の時代に、何に涙し、何に怒り、何に哀しみ、何に歓び、何を見つめていたのか、本音は吐いていないのである。あえて吐かなかったというのもあるが、また吐けなかったということもある。・・・・・・・・


・・・・・・・・なぜなら、世に多くの作家はいても、書きだしの2,3行で、ああ、これはだれそれの文章だと即座に判別できる作家は殆どいない。
宮尾さんはそのじつに数少ない確固たる文体を持つ作家である。うねうねと粘着力のある、しかし、たおやかな文体。こんな文体を身につけることの出来た人が、10年やそこいらの不遇の年月にくじけたりするものか。しかも幼いころから病弱で、20代で肺結核にかかり、そのうえ心臓神経症と言う厄介な持病にとりつかれ、離婚し、再婚し、着のみ着のままで東京に出て、貧しい時代を乗り越えてきた土佐の女が、である。

・・・・・前述した、宮尾さんの中の怪しい小さな結晶は、その光をまだほんのわずかしか、我々の前に見せてはいない。何十、何百もの、哀しみや歓びや人生の綾を、その結晶は詰め込んだままに違いない。つまり、このエッセー集の中で宮尾さん自身が書いているように、自分が傷つかないでどうして人の心を打つ作品が書けるだろう、という一文にそれは結びつく。つむぎの糸 (1981年)


(つづく)

 宮本輝さんはユーモアセンスもさるとこながら、基本的には奥深い、品の良い、真に美しい小説と随筆を書かれる方です。

・・・・・・・・・・・お問い合わせ、前日ご予約、歓迎です^^☆

moblog_2b6796b7.jpg 小さな隠れ家オアシスで優雅な寛ぎの一時を。本格アレンジマッサージでお体と心のメンテナンス。女性達の贅沢世界を男性方にも是非どうぞ。歴19年のセラピストがオーダーメイドで対応します ご予約確定時に住所をお伝えしております ☆09017197162 堺市中区の 隠れ家オアシスlotus☆ http://lotus404.blog.fc2.com
















関連記事
スポンサーサイト



歴24年,個人エステサロン

日常の喧騒からはなれた 美的体験で 心の癒しと解放感を。 Lotusでは、いつ帰ってもいいような あたたか味とゆとりのある 居心地のよさを 皆様に提供させて頂くことを 目指しています。 皆さまにとってLotusが、癒されて元気になれるパワースポットのような場所になれれば幸いです。

カテゴリ

リンク

訪問者数

検索フォーム

大阪 宿泊

旅行

QRコード

QR

Lotusは7周年を迎えました!

老舗店をめざして精進してゆきますので、今後もご贔屓どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)ご新規、一見さんも歓迎です☆ なお、記事は全てセラピストの妹の日記です。セラピストは別の人で、記事は書いておりません。元気でいつもお店にいますのでご心配なく!

プロフィール

Lotustaff

Author:Lotustaff
専任セラピストnami,HP担当kaoriです。当店ブログをご覧頂きありがとうございます。いろんな方にお会いできるのを楽しみに日々お仕事してます♪お店にも来てね~!

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ