FC2ブログ

大阪堺市のマッサージ隠れ家オアシスLotusの blog

女性たちの贅沢世界を 男性方にも是非どうぞ。 本格アレンジマッサージで お体と心を健やかに 小さな隠れ家オアシスで 優雅な寛ぎのひとときを TEL090-1719-7162 営業 12時~23時

Top Page › オススメ本 › つぎに出産の山をのぞいてみましょう。(本の紹介)
2016-03-07 (Mon) 09:00

つぎに出産の山をのぞいてみましょう。(本の紹介)

つぎに出産の山をのぞいてみましょう。

文化活動や芸術はソフトであって、人間にとってのソフトの最大のものは、出産です。
当然、ソフトの山づくりにおいては、「出産の山」も登場することでしょう。

人生の中で最も大切な2つの時が、現在他人に奪われているのです。それは出産と死の時です。

現代人はこの最も大切な時を、病院に預けてしまいました。
最良の医療を願いたいと言うのは人情ですから、ある意味では仕方ないかもしれません。
ただそれしかないというのはおかしくないでしょうか。

最も大切な出産と死とに、何の選択肢もなく、ただ病院に入る、そういうことではなく、出産と死を生命の誕生と終焉という、生命現象(ソフト)としてとらえる時、もっと温かみのある、豊かな生命感を抱かせる、そういう選択肢がないのが不自然に思えてくるのです。

出産の山では、美しい山の中で、予定日一か月前程度から入院してもらい、医者、看護婦、おさんばさんが一体になって出産準備を始めるのです。

時間がたっぷりあるので、胎教から産後のことまで、ゆっくり相談に乗ってあげられるでしょう。

出産日が近くなったら家族を呼び、自然の中で共に新しい生命を待つのです。


出産が無事に済むと、山中には高らかに鐘が鳴らされ、小鳥たちまでが歌い出すかのようです。


山での祝いの行事の数々の末に、無事に下山し、駐車場に置いてあった自分の車に乗った時、お母さんは何を思うでしょう。


愛する我が子の本当の家は、はたして、これから戻る都会のマンションなのか、それともこの山なのか、迷う気持ちにおそわれるかもしれません。


とはいえ、私は今の病院が間違っているなどと言っているのでは決してありません。
出産や死という大切な時に、ほかに選択肢がないことがおかしいと思っているだけです。

大病院で出産する方が安心だと思う人はそうするのが良いし、自然の中で周囲の祝福を受けながら出産したければ出産の山に行けばよいのです。


(つづく)

森(ソフト)と平野(ハード)に分化定住する時代―もっと別の生き方がある森(ソフト)と平野(ハード)に分化定住する時代―もっと別の生き方がある
(1997/02)
マドモアゼル愛

商品詳細を見る



これは占星術家のマドモアゼル愛さんが1997年に書かれたものです。理想社会だなぁ^^
今、田舎ぐらしやワーキングステイが流行ってきているし、私もできたらそうしたいと思っていたところ、昔から持ってた本が予言書になってきているのに気がついて、時代先取りしたうれしい気分で紹介してます♪






関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-03-07