FC2ブログ




夏服をたくさん持ってるのに、ズボラで結局カッコにかまわないとこが勝って、ねまきで出歩くし制服で行き帰りする、人にあらたまって会うときしかおしゃれしないできた。勿体無く思うようになってきて、仕事の帰りもちゃんと服きる習慣つけよと決心した
 
今日は病院に紹介状もらいにと、もう一件いくとこがあって、何でも屋の友達に車で両方連れてもらった。ctやMRIをとってくれる,婦人科もある個人病院,という稀なとこを紹介してくださった。もう連絡ないやろと思ってたとこだったから、わざわざ探して約束はたしてくださってかえってびっくりした。
 
デスクまわりも最新機器を駆使されてて、やさしくてしっかりした先生だと思う。内科、乳腺外科 などされてるのでいざとなったらお世話になろうと思う。
 
帰りに、白鷺公園に寄って蓮を伺いにいった。わんさか、あった…けど、花はほぼ全部落ちて、シャワーヘッドみたいな種の固まりだらけ、かさ以上の育ちかたをした葉っぱの大群だった。ひとつふたつ、いいのも咲いてた。蓮の満開の頃はとりちらかって大変で、観賞どころじゃなかった。また来年みにこようね、と言ってあとにした。
 
11じに自宅に戻り、知くんは配達の仕事にもどり、私は洗濯やサラダを作って昼寝をすこし,昼1時に王将でごはん食べた♪時々ここの塩ラーメンが食べたくなるという。わたしは豚バラとキャベツの味噌いためとかいうややこしい単品を頼んだ、うまかった。セットのチャーハンにネギと紅生姜を山盛りにしたかったけど、天一じゃないからそういうサービスもなく…ちょと残念だった。
 
改めて、色々お話(話におをつけるあたりが年齢差を感じる)していこう、と何やら感慨深げに言う。家庭にすでに双子みたいにツーカーで大事にしてくれる姉があった私と違って、知くんはまわりにたくさんの家族と友達ととりまきがいて、だれでも気さくにやさしく受け入れて自分を犠牲にして尽くすわりに、自分としてはひとりきりだったみたい。
 
みなどっかすこしづつ違うから、本音をそのまま話したり頼れる人がいなかったみたい。だから、わたしら姉妹と気を使わず仲良く話できるのを喜んでくれてる。
 
結局は相性だと思うけど、自分の存在を喜んで貰えると、わたしもそれに値するようしっかりしないとと思う。
 
精一杯生きて、心身ともに元気で生き生きとした毎日を過ごして、なにより自分が機嫌よく明るくいないと。というわけであさってから活をいれて、仕事さがしの日々に戻ります。
 
そして夜は,前の職場で仲良かったおじいちゃんと知くんとで食事いってきます

スポンサーサイト



 2019_08_31


朝8じに起きて、おつとめをしながら、うつうつしてしかたなかった。どのへん言うてるのかあやふやになりつつ、ようやく終わり、掃除も洗濯もおわっていて何も予定がない。外に出るのは億劫。となると、さあ寝るか、となってしまう。なんせやたらに眠かったから。

次起きたのは11時40分ごろ、友達のメールで目が覚めた。何往復かメールしてから、寝ころびながらちびまるこちゃんの本を読んでいたのだけど、いまいち読む気がせず、そのうちまた寝てしまった。

次目が覚めたのは2時ごろ。アイスなど買いに行った。いちごのかき氷バーと白熊アイスと、クリームクロワッサンなど。昼ごはんのつもりでたべて、満腹になったところで録画取りを見ようとしたのだけど、これまたあまり頭にはいってこないし面白くおもえなくて面倒くさくなり、そのうち音がうるさいと思って音消しにして、本も読みたくない。そしたら何もすることがなくなった。すると寝ころぶしかない。布団がやたら気持ちいいのでいつのまにか寝てしまった。

次は5時半だった。かき氷バーを食べてお茶をのんだ。私の心身は一体どうなってるんだろう。調子が狂っていると思う。

何もよごれてないからお風呂にはいる必要も感じないし、本もテレビもめんどくさいし、いまさら身なりを整えて外に出る気もしない。というか一人でいるとき身なりを整えて外に出る習慣がずっとなかったことも大いに手伝って、なおさら身なりを整えて外に出る意味がわからず、整理整頓と掃除はしているしで、何もすることがなくて動くのがとにかく億劫なので、またしてもねころんで、今度は布団をかぶってねてしまった。布団はふわふわで気持ち良かった。

次は7時。はみがきをして夜のテレビを見るともなしに見る。特別な薬も飲んでないのなんで一日中寝れるんだろう。頭がぼーっとして、もう完全に今日の私は電源オフなんだな、と思う。もう今日はこういう日とわりきった。部屋を暗くして、また布団にもぐりこんだ。布団にもぐりこむ以外にしたいことがない・・・こんなのがつづいたらどうしよう。うっすら恐怖を感じつつ。

次は12時前。かき氷バーを食べて歯磨きをして、こういう日はとことん眠れるものだと知っているので、もう抵抗せず、明日の仕事着の用意などだけをして、再び部屋を暗くして布団にもぐりこんでじっとしているうちに意識がなくなりました。

そして次の日、6時に目が覚めたけれど6時に起きてもすることがないのでじりじりしてるうちにまた意識が落ちて、次は8時。
そろそろ起きよう。

しかしこんなにも何もかもが億劫で興味がないとなると、ほんとに人間手のは寝るしかないもので(それにしても私のオンオフは極端だと思う)仕事があること、行くべき場所があること、そして時間内にしないといけないことを与えられること、そのすべてがなんとありがたいかと思ったのでした。

心身ともに動けるのにあえて出勤日数を減らしてのんびりしてるのがバチがあたったのかと反省し、月曜日から再び仕事探し始めます。 神様無駄に一日過ごしてごめんなさい。

だから昨日の反省で今日はよく働いた。いつもより早く終わって、ガストでゆっくりした後、家に帰ってフル活動してました。

部屋の掃除と自分の掃除。さっぱりしてやる気がでてきた。
それにしても昔は、余暇には本やテレビや映画みるのが普通だったのに、体質が変わったのか頭がわるくなったのか、興味が薄れ吸収しなくなったみたいな気がする。だから休みの日は外にでないといけないように変わったのかもしれない。

あるいは今の仕事をふやすか、別の仕事をかけもつか。・・・とにかく昨日みたいな一日は二度と過ごしたくないので、気をつけて暮さないといけないし、何かやらなあかん用事をつくらないといけないなと思いました。ひとまずは洗濯物を朝用においてます。
 2019_08_31



「うちの父ちゃん、母ちゃんがボケちゃってから人が変っちまってね。考えられないよ。
わがままもんだで百姓したくなくて役所に勤めていたし。時々、役所行きたくないって、押し入れの中に入っちまって、一か月も二カ月も出てこないんだよ。そんで急に田んぼに行って働いてる母ちゃん田んぼに埋めちゃったりするんだよ。

それが母ちゃんボケちゃってから、仏様見たいになっちゃってね。
母ちゃん毎日ここまで布団引っ張って来てね、大きな声で歌うんだよ。今まで歌なんかきいたことなかったのによ。ずーっと切れ目なしに子供の時の歌うたうんだよ。一緒に歌えって。

わたしもつきあうけど疲れちゃうじゃん。父ちゃん「そうかそうか」ってえらいしんぼうづよく、こういう風に手振ってね、母ちゃんが振れって言うもんだから。やめると父ちゃんのことぶつんだよ。

ぼける前は、静かに何も言わないでね、私が言うこと聞かないと「困ったな」ってこういう風に自分のひざさすっているだけなんだよ。どんなことがあっても何もいわないで、泣いたり怒ったりする事一度もなかったんだよ。こうひざさするだけだったのよ。

それがぼけちゃってすっかり子供になっちゃっただね。父ちゃんに、自分のこと縁側から蹴落とせって聞かないだよ。そんで父ちゃんそうかそうかって蹴落としてね、何度もだよ。

それから自分をおぶって上の天神様に行けって、ようやく天神様につくとすぐ帰れって、帰ってくると又登れって。ひどいときは5回も母ちゃんしょって天神様に行ってたよ。本当に父ちゃん仏様になっちゃって。

母ちゃんは、楽しかったこと子供の時しかなかったんじゃない。嫁に来てから牛みたいに働いてさ。
むずかしい、しゅうと、姑に、きかない子供9人で、わがままな父ちゃんじゃん。

そんでも黙ってただひざさすり続けて、どこにも行かないでさ。夜なべしていたよう。50年もだよ。
言いたいこと山ほどあったずらに、ただひざさすってよう。ぼけてくれて、私ゃ本当によかったと思うだよ」



 2019_08_30


もう脱力して茫然として書き直す気一切なし。立派にかけたのに!!
しかたないから、ガストのレシートについているアンケートに答えて、ドリンクバー100円券をゲットしたり、するしかなかった。

ちなみに今日の昼もガストにいって、山盛りポテトとマヨコーンピザたのんだ。私はいつもココアとエスプレッソでアイスコーヒーを独自に調合してつくる。氷を一杯入れたグラスに、エスプレッソ、アイスココア、クリープの順に入れるんだけど、アイスココアは途中から水でうすめてあるから、水にかわった瞬間をみはからってグラスをさっと引き、薄まるのを防止するという手の込んだことをして調節してうまいことやっている。抹茶オレとコーラもよく飲む。

yahooカードをたのんだら、結局(一定の手順をふんで)10000ポイントもらえるんだけど、それは街のお買い物ではつかえなくて、yahooショッピングやオークションなどでしか使えないみたい。

なに買おうかな?とオークションをみていたら、廃番になったプアゾンの緑色、イヴサンローランの財布、ティファニーのふるくさいアクセサリーなどあった。あえて買うこともないかなぁ。

ペイペイ(yahooと提携)や、楽天エディ、楽天ペイで買い物をすると、キャッシュバック率が高いらしいですね。すべてクレジットとつながっていて、決済はそのクレジット会社がやるんで、ペイペイやエディのチャージした分は、クレジット利用として、末締めの翌月請求となる。

デビットカードは、銀行キャッシュカードにくっついてる機能で、デビットで買い物をすると即座に銀行口座から引き落とされるので、使い過ぎの心配やあとくされがなくて安心。そのかわり口座にある分しか使えないしバック率は少ないんじゃないかと思う。

ちょっと知ったことをまとめてみました。パンダ薬局(東大阪、陶山医院の薬をたのんだ)から、足りなかった薬がとどいた。毎度郵送費負担させてごめんなさい。一般的な血液検査ならその場で結果がでるから、陶山さんお勧めです

いまからちびまるこちゃんのエッセイを読んで寝ます。ひつこいけど、一本入魂で書いた長い記事がいっぺんに消えたのがもう信じられないくらい無念・・・
 2019_08_29


夜中目が覚めて、白熊アイス買いにいったらなかった。アイスボックスは二段になってるから上の段を外して下のストックを調べたけどない。でもあきらめずにアイスの積み上げを横からながめたりどけたりしてみた。そしたらなんと2つだけ、違うアイスの下に隠してあるみたいに挟まってた!!

貴重なしろくま2つといちごのかき氷バー(3つ100えん)を抱えてレジに行きました。

袋結構です、といい忘れなくなったのと、夜中買いにいってもアイスしか買わなくなってきたのが嬉しい。

それが2時頃、次は六時に目が覚めて、かき氷を半分食べてまたねて、次は8時だったので起きたものの眠たい…でも昨日も寝たの早かったしもういいだろうと起き出して、お祈りしてたんだけど、睡魔がやってきて、なにいうてるのか解らなくなること数回、やっと終わったら珍しく食欲あったので、マザーピアに買い物にいきました。

割引券の日付忘れないためにカレンダーにしるしつけて、ボードに貼って、念をおしてた今日だったのに。

財布にいれてたら忘れるからと、ボードに貼ってたのが反ってあだになった。
割引券、今日つかうねんと朝一で忘れずマザーピアにいったのに。割引券を家に忘れてきてもうた!もうくやしい~

友達の楽天カードおせっかいで勝手に作って,それの初回ギフトで3000ポイントついたから、そのポイントで日用品をあれこれ買い物さしてもらいました。で…残り500ポイントにしてしまいました。。知くんありがとう

珍しく朝ごはんたべました。たぶん長時間きく安定剤のせいと思う。
アスパラベーコンと思い込んでいたのが違うものだったこと発覚、えびとなすが混入してた。

アスパラとなすはあんまり合わんのとちゃうか。~と,そしてえびがひと切れしか入ってなかった!ということは他の人のとこにえび大量にはいってるんだろな~。 うらやましい。

おなかふくれてねむいながら、録画撮りみるので、そのうち寝るだろうな。ご機嫌よう。
 2019_08_28


12時半にねたんだけど、毎度のように深夜かやたらの早朝に目が覚める。トイレに行きたいわけでもないのに。
早く寝て、朝早く起きてブログを書くようにしたら、夜更かしにならずにいいだろうと思ったんだけど、すぐ寝付けないだろうし、いまのうちに書いておこう。

母が食事を冷凍したものを週一でもってくるのだけど、以前わたしの考案により、お菓子などの空き袋を再利用して、食材をつめて省スペースに凝っていたことがあった。

お菓子の袋、ラーメンの袋など食材の入っている袋は、ゴミで捨てるには持ったないくらい丈夫で汁漏れすることが全然ないことに気付き、かるく水洗いして洗濯用ピンチにひっかけて乾かして再利用するのが我が家流になった。

ポテチの袋など、単にゴミで捨ててしまうのはもったいない、というのをこれで実証済みなので今でも何らかの空き袋を見ると、拾って帰って洗って再利用したい衝動に駆られて困る。そのほかには、ブランド物の紙袋やおしゃれな紙袋を、ついつい集めてしまう癖があって使いもしないのに捨てられない。捨てられないのと同時にシャネルの紙袋などもったいなくてなかなか使えない。紙だから摩耗する心配があるんだと思う。たまる一方で多分つかわないと思うけど、まあ罪のないコレクションとして許してください。

元は母もタっパーをそう持っていなかったのに加えて、かさばらないからいいわと言って、私の考案を取り上げてくれて、我が家の常識になった。やり方は、ひとまずはタッパで凍らしたものをパカッとプリンの要領で容器からはずし、合う大きさの袋に入れてテープでとめて完成。しかしこのごろは。私が大目にタッパーををあげたからか、パカッとやって詰め替えるのがめんどくさくなったのか、あまりお菓子の袋をみかけなくなっててごろごろタッパーが冷凍室に突っ込まれてる日がある。でもアイスの袋には焼き魚を入れるのにちょうどいいんだよ。

今回はいってたものは、アスパラとレッドパプリカとたまねぎ、えのきとベーコンの炒め物 モロヘイヤのおひたし、やきそば、大きいホタテのバター焼き、ニラレバ炒め。からあげ、肉炒め。普通のは、いか大根、小松菜とあげの煮物、えだまめ、さんま塩焼き、などなど。モロヘイヤなんかはめずらしいからうれしい。やきそばはいつも、スーパーのあげものコーナーにある透明の簡易タッパーにいれて輪ゴムをしてもってくる。こうして屋台のやきそば風の演出にするのが母は好きなんだろうなと思ってる。私ら三人とも、たぶんお好み焼きより焼きそばが好き。キャベツとニンジン細切り、イカと豚肉がおいしい。

昨日はねえちゃんと一緒に、やきそばとさしみを食べ、早朝目が覚めたとき、マーボなすとさんまとニラレバ炒め半分とあとなにか食べてしまった。今日昼は、休憩時間がとれなかったのでガストに持ち込みでサラダを頂きました。朝は多分、睡眠剤のせいで知らずに食べ過ぎてたんだと思う、目が覚めた時や仕事中、喉が渇いてしかたなかったから。

何も薬飲んでない時には、日中とおして食欲がまったくない。まったくないけど、ガストのピザやポテトならちょっと食指がうごく。そして、まあ一度食べだしたら食べられる。

抗不安薬(即効できく。デパスやソラナックス)あるいは睡眠剤をのむと胃のつかえみたいなのがとれて食欲がでてくるけど、あえてそんなに食べたくないから飲まずにいることも多い。つまり慢性的に緊張状態にあるのかもしれない。また薬を飲むと、この薬は酔っ払わないで酔っ払ったみたいにほわっとぼーっとすることも多く、緊張がとれて気が大きくなって夢うつつで食べ過ぎになることが多く、それは夜中に目が覚めたときによくあって、次の日体調を悪くすることが2年ほど、週に2回はあったと思う。

体調も精神的にも行動も、なんでも、スイッチがはいるといき過ぎる、あるいはなさすぎやらなさすぎに偏る。不安定かつアンバランスな傾向で、どっちにころんでも負担がかかるだけなので、どうかこういう体質、改善して「恒常性」を保てるようになりたい。バランスがとれた人になりたい、自分をコントロールできるようになりたいと思う。

健康でいつも心身ともに生活もまた、いつも同じで安定してる人が心からうらやましい。いつもだいたい同じ時間にねて同じ時間におきて、朝も昼も夜も自然に食欲があって、毎日排便があり、心身ともに安定して健康な人になりたい。

アトピーは8歳から、適応障害対人恐怖は中学から、食が普通でなくなったのは19歳から、寝れないのは4年前から、排便は24歳からで、胃腸科で「どんな形の便がいつ頃でますか」という問診票にどう書いていいのかわからない。ほっといたらいつまでもでないから、薬でだしてると形なんか全然わからないし、何日感覚で出るかなんて、それが発覚するまえにアトピーの悪化をおそれて薬で処理してるから、賞味ほっといたらどういう排便リズムなのか知らない。断食道場で40にち断食もしたし、マクロビの田舎の病院に3カ月入院していい食事をとり、規則正しい生活をしてもどちらもなおらなかった。
アトピーや便通が根本的になおれるような、サプリメントにもしょちゅう手を出したし私だけじゃなく母にもお金だしてもらって負担をかけた。けど、どれもこれもなんだかわからず、逆にアトピーがひどくなって終了となった。自然に任せて放置してみたいのはやまやまだけど、そうするとアトピーが悪化するから、そういうわけにもいかず、ずっと薬に頼ってます。

精神的に大変苦しい状態になり精神科にとびこんだことも何度もあったけど、即効できく「抗不安薬」こそまず必要だったのにどこもだしてくれず、合わない鬱の薬ばかりだされて、かえってもっとしんどくなるかアトピーが悪化するだけ、という不運があって精神科が信じられなくなり、何度かのがっかりした経験を経て、精神科不信のせいでがんとして行かず、こじれていった。治るのにずいぶん回り道をしてその間しなくていい精神的な苦しい経験、そして経験しなくていい自信をなくすだけの現実の無数の挫折をかさねて、恐怖症がふえただけで成長などねがうべくもなく、発達障害・精神症状が元あった以上に大変こじれて身動きがとれなくなった。行き詰りが限界になったころ実家を離れたほうがよいだろうと周りの人のアドバイスと助けがあって堺にあてもなく引越してきた。3年前逃亡者のすむような暗い見晴らしのないアパートに。

ようやく合うとんぷく(デパスなど)薬にたどりついたのまだ実家にいたころのが35歳ごろ。なんとかやっていける場所をさがして自立支援施設と精神科を同時にやってる秋田の病院に見学に行った時に処方された。その時に大人の発達障害というのがあることを知って簡単な診断書を書いてもらってそこからが好転の始まりだった。地元の病院でそれをもとに発達の検査をうけ、こちらに引いきつけの病院でも私の履歴と病歴を簡潔にまとめた診断書をだしてもらい、発越したときに紹介された病院にそれをもっていって、達障害で障害者手帳をだしてもらった。(知能に問題のない自閉症・社会性の欠如により多大に日常生活に障害をきたしている、よって2級)

いまは引越しをし、障害者枠から知くんと出て(最終的に、ろくでもないところに変質していってたから)気楽に一生懸命働ける一般職も得て、パートナーと常に一緒に行動して働き遊んでいて、私がこうなるとは考えもしなかった、まったく別の人の人生みたいにかわりました。でも私は36年間、ほとんど無言で、一人でかかえ、この状況や自分をなんとか突破するために、非常に少ない可能性に毎回懲りずにかけて怖さに目をつぶって飛び込み、チャレンジして行動しまくって失敗してばかりだったけど、本気で本当に、やるだけのことはほんとに人の100倍やってきた自負がある。だから、今のめぐまれた環境と自分の状態の(前に比べたら)良さに対して、この仕事も自分で見つけてきたものだし、さほどおどろいておらず感激もしてもいない。

毎日精神状態がおかしくなく普通の目ざめであることに毎日安心してよろこんでいる。やる気があったらなおうれしい。
スイッチのはいった状態でてきぱきと仕事に取り組めている状態が、いまのところいきなりやる気がなくなってしまうようなことが、とりあえずはなさそうなことに、毎日感謝している。

帰りいつもファミレスでたまってのんびりしながらいろいろしゃべることが幸せなひと時だけれど、いきなりこれがつまらなくなってしまったりパートナーがうっとうしくてしょうがなくなる、というような気分の変動がないことも、ほんとにありがたいと思っている。
予告も理由もなく気分が変調をきたすことがよくあったので、恐怖が身にしみてるんです。だからあたりまえのこと、今日も昨日の普通と同じ普通であることを、を淡々とした気持ちで遠くから眺めるような気持ちで、しみじみありがたいことだと毎日思っている。

・・・ということで、だからこのごろは根本的に積極的に病をどうこうすることはあきらめていて、一生、それなりの薬を飲んで暮すこと、受け入れている。

だって、百害あって一利なしのはずの、超毒性のつよい煙草を吸い続けても、顔色どす黒いまま、何事もなく長生きするおじいちゃんいるでしょう?おかしばっかりたべても肌は紙のように白くてきれいで、髪もつるつるで一日3回も便出る人もいるでしょ?野菜全然食べないで焼き肉ばっかり食べてるダンサーとかもいる反面、野菜と豆だけでパワフルに生きてる人もいる。

科学的に分析的に考えると考えられない現象だし、いけないはずなんだけどね・・・でも、かれらは現に元気で生きてるし、個人差ってひょっとして、考えられないくらいにあるんじゃないかと。

だから私は、普通の人とあまりかわりない心身の状態にもっていくために、ある程度快適にすごすために、世間になんとかついていくために、そのためには薬という不自然なものが必要なんでもう共に生きて行く。

うまれつき欠陥をもっていて、どうしてもおかしく不自然な体や心の状態になっていってしまう、ほっといたら勝手に自分のほうから悪いほうに傾いていってしまう変なしくみにあらかじめなってる私の心身にとって医療行為や薬とは、不自然なものであっても、それだからこそ神様なのです。自然の生薬でかぶれることのある私だから、精製されて目的のこと以外の不純物のはいってない、足りないものだけを端的におぎなってくれる薬というものは、たぶん生まれつき欠けたり過剰だったりする「変な、うまくいかない」つくりになっている私にはあってる。

それに対する個人差というのは比べられないくらいにあるものだと思う。だから、薬をつかうことに対してわたしはあまり神経質にならない、薬は不自然であり内臓を刻すというし、ホルモン剤はのんではいけないとか、自分でホルモンを作れなくなって炎症がおさえられなくなるとかいう人も多いけど、人によってはそんなに問題ないと私は感じる。理屈はない。使ってる者の実感です。同時にふれまわってるホルモン剤に対する噂にもれっきとした根拠はない。科学的な統計もとってない。目で追跡したわけでもない、半分は風評だと思う。そういうならもっと心身を刻することを多くの人は普段からやってることにもっと気を使った方がいいのではないか。

飲みすぎ食べ過ぎ喫煙、過激なストレスや慢性的な抑圧のストレス、過激なハードワーク、人間関係の摩擦や相克、向いてない仕事で毎日苦しい、何にも熱中できなくて人がいなくてさびしくて虚しいという慢性的な虚無感などなどで。・・・

ひとなみに生きるために薬と共に生きる、そして普通の人の生活をする。外食をするとき遠慮もしないし栄養価も考えず好きなものをたべて幸せ。その傍らでいちおう、サプリや体によさそうなこともしてみる。そしてある日なぜだかふと、非科学的だけど、薬が必要なくなる日が来るかも?と運のいいことを願って、先のことはあまり考えず、毎日を人並みに快適に暮らせるように、薬にはたよっていこうと思っています。

だって私は、たくさんかかえすぎて今の現状を自然治癒やサプリで気長に待つには毎日が苦しすぎる、どうしようもない。

自律神経失調症で、寝れない、排便がない、食欲がまったくない、食べだすと食べ過ぎる、全身性のアトピー、アスペルガーよりの発達障害で能力がアンバランスで対人関係が苦手、適応障害と対人恐怖で人と場所にたいがいなじめないので仕事が続けられないから成長できない、、精神障害(一過性にはそううつもあったが、たぶんうつ病と不安神経症)、いろんな挫折とショックによって脳神経が弱ってささいなことで頭が混線してフリーズして目の前のことに応対ができなくなる、場面かんもく症、たくさんありすぎるんです。

一つ二つなら集中して治そうとおもうけど、こんだけあるともう、日々それらの火消しに追いまくられることで疲労して、根本解決に腰をすえて取りかかれるゆとりがないんですね。そしてまた経験によりだいたいは効かないもんだから。何かサプリや健康的なものに手を出すとだいたい失敗してお金消えるだけだったし。ほんと、適応障害とアトピーには民間療法でいくらつかったか知れない。ハリ治療に波動水、つぼにばんそうこうをはる奇妙な治療、各種高価な漢方やサプリ、退行催眠や宗教などEtc・・・

お母さんに言うたら、お母さんは「生命の貯蓄体操」の先生だから、すべては体操で治る信じて体操せい、となるだろうな。
もう歴20年以上の筋金入りで、しんどくてもやるねん、やったらなおると信仰の域にはいっているから逆らえない。体操のことを熱弁しだしたら私は何も言えない。何も言わないけど私にはどうかな・・・と半分そういう気持ちがあるからなかなか後継者にはなれなさそう。

でも、体操もなにも、やらないで文句言うのはどうかと思ったので、仕事に行き出す2年半まえまでは、私も5年にわたって断続的に、筋トレと母の体操、やってたんだよ。身をもてあましてたのもある。ワールドメイトにもたよりきりもどうかと思うから、自分はそういうタイプじゃないのに気がむかないのに、だけどお祈り、しだしたんだよ。悩み事があるならお祈りせいと言われる、やってないないなら何も文句言えないなと思って。だから最初は紙に書いて棒読み。でもお祈りは、よくなること祈ってるわ、とよく人に言う言葉、それが嘘にならなずに済んで相手の為に陰ながらやれるだけのことはちゃんとやってるという安心感があるのがいい。

それにしても神様は私のお願い事はちっとも聞いてくれない。人のことはある程度聞いてくれる気がする・・・でも聞いてくれないんならそれが答えだと思ってる。で、何も聞いてくれなくても辞めようとも別に思わない。

2年半前、いそがしめの仕事が週5あたりできまって、無職10年の刑務所から環境が180度変わって、(強制労働の刑罰のほうが100倍ましだと思ってそれをずいぶん願ってた)気分が高揚し、私が刑務所にいた時代に、自分でこつこつすすめてつみあげていた向上的なルーティンのすべてが、なんでだかいつのまにかふっととぎれて離れてぱったりやらなくなった、いまでは時間があってもしなくなってしまってる。
仕事が決まるまではやっていたあれこれが、ぷっつりと切れて離れてしまって、出来なくなっている。A型事業所の時はしんどくなかったから出来そうに思ったけど今は仕事自体で体が疲れるのでやる必要がない気がするのもあるけど。

実家にいた10年の無職のころは体操やってピアノ弾いて、料理つくって、本読んでブログかく。映画や本借りるついでに散歩に行く。という仕事がなかったころのとレーニン的ルーティンが、体をつかう仕事について他人と接するようになって、なんだかまったく別次元の刺激的な世界に放り出されたせいか、全く手につかなくなって。一応電子ピアノもあるし、大きめの冷蔵庫も買ったのに、全然つかってなくて、楽譜は数カ月、同じページをひらいたまんま。でもピアノはあんだけ練習してこれ程度か、というほどやったので筋はないと思ってるから、無理にしなくていいかもしれない。

けれどまた、仕事やってなかったころ自主的にやっていたトレーニングのすべて、出来るようになることを願っている。
願うだけでもできないので、今日は柔軟体操くらいはしてみようと思う。あと、図書館で借りてきた本も読もう、休みだし。

長い長い抑うつで一人っきりの極陰の期間ののち、反転して日のあたる場所にいきなりうまれて初めて出たものだからびっくりして軽躁状態がバイトのころずっとつづいていた様に思う。それでエネルギーの噴出がとまらず社交的に振る舞い行動しまくっていたのが去年の8がつあたりから、ある日いきなりエネルギー切れしてなにをするのもおっくうになり人付き合いが面倒になった。気分が暗くなって本もテレビもまったくうわのそら。時間だけがあまるけれど何をしても心がひどくゆううつった。その後さらに激鬱に反転して寝起きの気分が地獄になって日中も顔色が悪く料理がつくれなくなった。

その時の、ふっとやる気が前触れもなく切れてしまった恐怖が尾をひいて、いまでも料理つくりだすのに抵抗があって、サラダと卵焼きしかつくっていない。けど、またそういうのも乗り越えてもどれますように。

このごろはうつ~軽躁状態2年~うつをのりこえて、精神的におちついていちばん普通の状態に近い気がする。頭のすぐ混線して気分が悪くなる病気は相変わらずだけど。休みの日が理由もなくうれしいのは精神的におちついて普通にちかく元気な証拠だと思う。

これが無職だったり自営だったりすると、休日終業後も仕事のことが頭から離れず気が休まらないかもしれず、年から年中休みだともメリハリがなく何も無意味で面白くなく感じるかもしれない。のんびりやで働くのがきらいな人には悠久の自由で幸せなのかもしれないけど・・。

だから、行くところやるべきことのある上での休みってほんと幸せなもので、勤め人ってのは、給料少ないけど気楽でいいなと思う。



 2019_08_27


6時ちょっと前に目が覚めた。めずらしく普通におなかがすいて食べたいものが限定してあったので、あるいて3分の100円ローソンにいって、チキンナゲット5個入り、アメリカンドッグ小2つ入り、白熊アイスバーを買って、アイスを食べながら帰りました。

先日からアトピーに対していいかなと思って飲んでみた、マイナーな薬でリウマチの薬、ブレディニン、きいてるような手ごたえでありながら、やっぱりだめだったみたいで、全身あちこちがかゆくてたまらなくなってきたので、セレスタミン(よわめのステロイドにヒスタミン剤の混じったもの)を2つ追加し、しばらくはホルモン剤で様子をみることに変えた。

エントランスのゴミ箱前でしろくまがなくなったのでゴミを捨てて自室にもどり、手できりにくかった袋をハサミできって、まずはアメリカンドッグをレンジしてみた。そしたらみずっぽくやわくなって、私はカリッとしたのがよかったのでトースターでちょっと焼いて、ちょうどいい加減になったのでからしとケチャップをつけて食べた。このために普段あまり使わないケチャップをチューブ入りで買わねばならなかったのが少々残念だった。チキンナゲットは2つだけチンして、こしょうをかけてたべた。ちょうど落ち着いたので、歯磨きをして6時はまだ早いので二度寝して次は8時に目覚ましで起きる。

おそらく8時以降に起きると精神的に気分が悪いことが分かったから、そうすることにした。
とにかく起きて、やらないといけないことをやってたのだけど、眠気で何をやってるのかわからなくなり、ようやく終わったところで即効三度寝・・・次は10時に起きる。長時間眠れなくなったのかなぁ。

あすバイトだから汗かきついでにシャンプーする予定で今日は洗わないつもりだったのに、なんかべたっとして感じで気持ち悪かったからしょうがなく洗いにお風呂に入り、12時少しすぎの約束にうまいぐあいに間に合った。

いつもおなじみの店にいったら、時間帯と日曜日のせいで非常に込みあって街が7組くらいあったと思う。絶望的かも・・と思いつついちおう名前を書いて、メニューを見て食べるものを決めたりしてるうちに、結構すぐ呼ばれた。

いつもなら好きな大きめの席を陣取るのだけど今日は、あとに控えてる団体や家族連れに遠慮して、小さな2人席をとった。

韓国冷麺とビビンバごはんセット、ごまみそ坦々麺、を頼んだ。ファミレスでラーメン類を頼むのは邪道なような、負けたような気になるのだけれど、どっちもちゃんとおいしかった!なかなかガストは万能選手で、私のつぼにはまるメニューが多く、また細かい配慮がなされていて私がメニュー開発にあたったんだっけな憶えてないけど?など考えてしまう。イオンの開発商品も同様に。

入れ替わりに夕方両親と姉が、毎週の食材の配達にやってきた。
私が、母のパソコンメールアドレスを作ったり、楽天カードをつくったりということをしたので、私が母のメール画面を見ることもできるのですが、先日たまたま用事で母のメール画面をみたんです。すると、菊芋ばっかり買ってる様子。?

そういえばこのごろ、菊芋のいためものとかいう聞いたことも見たこともない食材の料理がまじってたけど、つながりがわかった。とちょっと納得した。でもなぜだからって菊芋の大人買いを?だれかれにくばりあるいてるんかな。菊芋って何にきくんだろう?明日調べてみよう。

先日買ったルドヴィコエイナウディの映画アルバムで、波長があうな上質なサスペンスっぽくて気持ちが良いなと、お気に入りの曲1と3ををプログラムリピートしながら書きました。(それにしてはどうでもいい内容の日記)今日の些細なことは明日になると書くのが大変だからいまのうちに。

そしてYAHOOのポイントほしさにかったCdのほうは、ピアニストの演奏の仕方が好きじゃなくて残念だった。何で普通にすらっとひいてくれたらいいのに妙に凝った、こちらの生体リズムが狂うような鼻につくカッコつけのけったいな演奏するんだろうとがっかり。

これだけは買ってみないとわからないことだったのでなんともいえず残念。いままで楽譜しかもってなかったのも、10年前くらいに図書館でcdかりたらピアノソロじゃなくオーケストラ版でがっくりきて、その後なんとなく買いそびれてたせいで。10年越しの小さな夢がかなうと思ったのに何なんだ一体。普通でいいのに何で余計なアレンジ加えるんだ。もう一枚違う奏者のを買ってもいいんだけど又失敗やったら厭だなぁと思ってじりじりしてます。くせのない奏法のピアノだけのオリジナルバージョンが欲しい!(失敗したらいやだからレンタルショップをあたってみることにする)




 2019_08_26



皆さん=私生活における私を知ってるごく少数の人たち。両親特に母と姉、公私両方のパートナーの知くん、のたった四人ですが今日は昼ごはんは知くん、いれかわりで夕方は家族,夜はわたしんちにさしみとお酒を持ち込んで居残りの姉と,しゃべって過ごした。日時決めて都心に遊びにいこうか、職場に見学来てね。と締めくくって九時半あたりに姉は帰っていきました。だいぶ長居さんやったね〓

みなとは紆余曲折を経て随分深い長いつきあいをしてきた。一人が十人以上に思える程に私は、彼らをよく見てよくいろんなことを感じ取って,付き合ってきたと思う。ほんと色々あったし彼らの様々な普段は聞くことのできない事実や心を,あらゆる時々に知ることがあって,いろんな場面を目にしたりされたり、色々一緒に乗り越えたり助けあったりしてきた。

何か大きな事件的なことがあったり、あるいはささいな重ね重ねの不信が限界にきたりで、何度かさよならを口や心で言ってきた。一生懸命つながりを切ろうとしたはずなのに、なぜか反って絆は深まることになり、さよならにならずこんなに長くなってしまって年々仲良く離れがたくなっている。おそらく、もう一生のつきあいになるだろと思う。それでわたしは大変ものたりてこれ以上の数は望むべくもなく幸せです。ただし私自身の心身の安定と健康が基礎にあってのことだけど。でも…皆がいなかったらどれだけ張り合いとメリハリのない味気ない意味のない毎日だっただろうとも思うから,彼らがいてくれて私に好意的に気安く接してくれること、無償の愛をおしみなく与えてもらって大事に扱われてる、心から感謝してます。

今日の母の差し入れは、副食がやたら多かった。また明日,何がはいってるか点検して、どれを組み合わせて解凍してたべるのがいいか、考えることにします。

また,前お願いしたスカートのゴム入れの手直ししてくれて菊芋のこな?も差し入れに。何に利くか不明な珍しい粉,ネットで買えたらしい。ふたつともどうもありがとう。これから水に溶いて飲んでねます。今日は取り急ぎ、お休みなさい〓

 2019_08_26


早起きしないと一日が失敗して台無しになる、というのを骨身にしみたので、今日も8時にはおきました。でも異様にねむい・・・
しかしやらねばならないことを白目をむいて一通りやった。電車で外出する用事があったのだけど、今日じゃないほうがよさそうに思ったのでやめといた。するとやることがなくなり、これをいいことに、ふとんをかぶって二度ね、起きたのは12時前ごろ。

でも用事は済ませてるならば気が楽。まあまあ楽しくアウトデラックスとか録画取りをみたりしていた。明日の弁当を先につくっとこう。と思って、サラダや卵焼きを作りだした。

いつもサラダがこころもちすくなくなって2パック分しかできないので、今日は、ちょっとおおいんじゃないのかというくらい野菜を切ってみたら、3つのたっパーにちょうどいい感じで入った!これは明日の弁当用に一つと、二つは食材を持ってきてくれる両親に物々交換の差し入れとして。

ところで。薬の話。いまはきまぐれで、アトピーに対して免疫抑制剤のブレディニンというのをここ二日間飲んで様子見てます。聞いてるみたいです。いつもはネオーラルという有名どころのを飲んでいるのですがききがわるくなってきたから。

このくすりは合わなかったり合うようになったりと私にとっては不安定な薬でメジャーでたよれる存在じゃない。なにかの拍子につかってみたらとってもよかった、というような分類なのであてにならないです。
それでも、いつも同じのをつかってると体がなれて効かなくなってくるじゃないですか。だからこんなたよりないのでも、別の薬というわけで、逃げ道はたくさんつくったほうがいいということで、何種類かの免疫抑制剤や、ホルモン剤を交互に飲んでいます。自分で経験してきたけっか、最も良い方法なのです。

こういうやり方を許してくれるのは陶山先生以外にほとんどいないと思う。

今日はやる気ないほどじゃなかったけど、ねむたい~い一日でした。
 2019_08_24


昨日日記を書いていたり本を読んでいて寝たのが3時40分。のばしのばしにしていかなかった皮膚科にも、薬がもうなくなるからいいかげんいかないといけない。どうせなら朝一に間に合うように行って、早めに帰ってきて休みである今日一日の時間をゆったり有意義にすごそう。

と思い、7時に目覚まし通りに起きて、問答無用でさっさと起きて身支度をし、アラームに従って間に合うように行動し、次のアラームのタイミングで家を出て行きました。ぐずぐずしてたら一日だいなしになるから、問答無用で家から追い出したわけです。

最近きちんとつかいだしたスマホをいじってあれこれ、ああでもないこうでもないとやっていたから、電車をのりこした。
ではなくて早くに下りてしまったことに15分くらい歩かないときづかなかった。

というのも下りた時の駅の感じと街並みがそっくりだったんで、いつもどおり改札をでて、ひたすら西へとすすんでいってたんですが、病院がいつまでたっても出てこない。景色が微妙に違う、みたことないところに変わってきた、これはおかしい。と思った瞬間、「母方のおばあちゃん家」の近所に、突然躍り出ていた。。

ああ完璧に間違った。幸い駅がもう近かったのでもう一回乗りなおしたんだけど、今度は、電車が、わるかった。
おなじ路線に、違う方向に行く電車が混じってる、といういじわるなパターンでやってきたのだった。これは悪意を感じる。
知らずにのったものの、待てども暮らせども目的の駅がでてこないばかりか、聞いたことない不安な駅の名前、が徐々に出始めて・・・

枚岡、ひょうたん山、と二つ変なのが続いてああまた完璧に間違えてるとがっくりきた。今度はななめに違う方向に乗り間違えたらしい。
辺鄙な駅だったので人がおらず、チャイムがあったので話しかけると違う駅から遠隔で駅長さんが応対してくれた。どっから見てるのかわからないけど、私の居場所を知ってるかのように誘導してくださった。改札とおれるようにあけますんで、右にUターンしてあちらの改札へいったら係員に声かけてもらったらまた改札あけますんでどうぞ。とのことでした。淡々と助けてくださってありがとう。

今度こそ無事駅にやっとつけた。目的より1時間半くらいずれこんだけど、今日は雨だったので患者さんがほとんどいないのが幸いだった。朝の部はいつも込み合うから待つだろうとのんびりしてたら、予想以上に即座に呼ばれたので、そんなことは初めてだったのでびっくりして、どたばた荷物をまとめて診察室へ入った。

陶山医院の陶山勝郎先生は、いつも柔和でおちついていて、何かたずねるとしっかり答えてくださって、安心して癒されます。
わりと融通きかせてくれて、この薬欲しいと言えば、それを決めるのは自分だ、みたいに偉そうなこと一切いわず、無理がなければだいたいだしてくれるし、言うべきこと、こちらが知らないことには、きちんと答えてくださる。

ここ東大阪から堺に引越ししても、わざわざ電車のりついで東大阪の陶山医院に通っているのは、先生がいるから。
けっこう勝手をきいてくれるのだけど、それはええかげんだからではなく、患者側を尊重してくれてるからだというのが分かる。
私を理解してくれたうえで、好きにさせてくれている、器の広さや懐のふかさを感じる。

で頭がいい方で(あたりまえやと思うけれど。しかし医者もプライドばかり高くて馬鹿みたいなのが多かったから)いろいろ長々と話をしても、おちついて「うん、うん」と聞いてくれてその相槌が軽々しくない。最後「わかりました」と言って、診断書なりを書いてくださると、実にわかってくれてて的を得たことを端的に書いてくださるので、とてもうれしく感心し、なんて頭の良い優しい人だと(あたりまえやけど。でも医者でもアホはいっぱいおるし、偉そうでたいしたことないのが大半だから)そして、相手を尊重してくれる謙虚な姿勢や態度のお医者さんなどという、めったにいない方に出会うと、その経験や立場でそうできるのは、凄いことだなとほんとに尊敬してしまうしうれしくなる。だって人の病気で食べてるんだから偉そにするのは間違ってるよね。

縁ができたのは、自分をなんとか良い方にもっていこうと試行錯誤、もがいていた日々の努力と出費のおまけだった。
「気学」という、自分にとってよい方角に引っ越したり旅行することで運気をコントロールする、という運命学、占いの手法に凝っていた一時期があった。南方向へひたすら旅行に行き、白浜に一瞬すんだこともあった。破れて、それで最終的に実家から南方向に離れたこちらに一人暮らしを無理に設けたのだった。するとその近くにこの病院があった。アトピーが悪化するのだけど、融通を利かせてくれる付き合いやすかった大学病院の先生がいなくなって、次のところをどうしようかとさまよってた時、たまたま見つけて入ったのがきっかけだった。気学がために使った引越しや一人暮らし、旅行の費用は100万を越して効果があるんだかないんだか全然わからなかったけど、その行動の最後に陶山先生に出会えたのだから、それだけ払った価値があったと思っている。

陶山先生もある程度はお年だから、年に何度かしか行かないでちらと話をするだけのうちに亡くなってしまっては悲しい。などと思うようになって、もうちょっと頻繁に通おうかな、と(何の用事で・・?)思ったり、しました。


その後・・・1時に堺に帰りつき、友達とガストへ。レシートがドリンクバー100円券になっているので無情に捨ててあるのを集めて足して毎回2人分使って毎回元とってます。

今日電車のホームでまってる間の時間に問い合わせたり、レストランでスマホいじったりしてるうちに、いろんな不明点が解決して、だいたいの雑用が今日で片付いたから、いいお昼の時間を過ごすことができてよかった。

朝の寝起きをしくじると失敗して不快な昼の時間になるところだったのが、まぬがれた。早起きして何かノルマをつくってだらだらしないことと、友達と世間の多くの人が集まってざわめいてる活気のある場所に行けたのがよかったのかな。朝一から行動してだらだらせず用事を片付けられて気分がよく、予定通りに行動できたから天気がよく感じられた。

夜に日記を書くと寝るのが遅くなるので、今書いておいて今日はこれでおしまい。とします。雨が降っていますね。
今日は平日、みなさんお疲れ様です。明日はもう土曜日。早いですがおやすみなさい。(8/23 18:45)
 2019_08_23



07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

歴24年,個人エステサロン

日常の喧騒からはなれた 美的体験で 心の癒しと解放感を。 Lotusでは、いつ帰ってもいいような あたたか味とゆとりのある 居心地のよさを 皆様に提供させて頂くことを 目指しています。 皆さまにとってLotusが、癒されて元気になれるパワースポットのような場所になれれば幸いです。

訪問者数

検索フォーム

大阪 宿泊

旅行

QRコード

QR

Lotusは7周年を迎えました!

老舗店をめざして精進してゆきますので、今後もご贔屓どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)ご新規、一見さんも歓迎です☆ なお、記事は全てセラピストの妹の日記です。セラピストは別の人で、記事は書いておりません。元気でいつもお店にいますのでご心配なく!

プロフィール

Lotustaff

Author:Lotustaff
専任セラピストnami,HP担当kaoriです。当店ブログをご覧頂きありがとうございます。いろんな方にお会いできるのを楽しみに日々お仕事してます♪お店にも来てね~!

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31




pagetop