FC2ブログ

大阪堺市のマッサージ隠れ家オアシスLotusの blog

女性たちの贅沢世界を 男性方にも是非どうぞ。 本格アレンジマッサージで お体と心を健やかに 小さな隠れ家オアシスで 優雅な寛ぎのひとときを TEL090-1719-7162 営業 12時~23時

Top Page › Archive - 2019年03月
2019-03-31 (Sun)

人間であり続けること

人間であり続けること

 日本人は規則を忠実に守るということには実に誠実な人たちだが、人間の基本的な心情に立って、人間的であり続けることはへたなのかもしれない。卓越した人というものは、時には、規律を破り、非難を浴びても「人間」を守るための行動がとれる人のことを言う。・・仕事の一部ではあっても「ご足労」願うのだから、お茶やビール一杯くらいはお出しする「礼儀」は当然だと私は思っている。すべて接待は悪い、という要人と国民的情熱...

… 続きを読む

2019-03-30 (Sat)

子供の荒れる原因

子供の荒れる原因

 日本各地で子供の「荒れる」のが問題になっているが、理由は簡単である。一つは、身分の差を言うことは民主主義的でない、ということになって、親も先生も権威の対象でなくなったからである。先生が友達のように振舞うのがいいことだ、などというめちゃくちゃなことを言った人たちが、規律のない教育を作ったのである。・・・先生は先生で、友達ではない。恐ろしいだけだったり、ひどい体罰を加えたりするのでは困るが、友達であ...

… 続きを読む

2019-03-29 (Fri)

損をできる人間になれ

損をできる人間になれ

 日本中が、いかなることのためにも、いささかでも自己の不利になることには黙っていないのが人間の権利なのだ、と教育したのは日教組系の先生たちである。・・キリスト教系の学校にいたから、真の自由とは、時には自分が持っている権利さえも放棄することだと教えられた。聖書には、究極の愛とは他人のために命を捨てることだ、とはっきり書いてあったから、戦死者にも深い敬意を払い続けている。 むしろ自分に不利なことをでき...

… 続きを読む

2019-03-28 (Thu)

実験的祈り

実験的祈り

 最近出会ったのは「子供たちに人間としての誇りを持たせるには、どうしたらいいでしょう」というものであった。それで私は、「人間であるというだけで、別に誇りは持てないでしょう」と答えたのである。 自分で努力したから人間に生まれた、というのなら誇りをもってもいい。しかし人間であるというだけで誇りを持つ理由などない、と私は思うのである。・・最近私は、人権という言葉ほど、貧しい感じがして嫌いなものはない。人...

… 続きを読む

2019-03-27 (Wed)

29年間のだんまり

29年間のだんまり

社長の顔が見たい 曽野綾子 世の中の人間関係はどれもむずかしいものだが、親子関係が一番深く長く深刻にもつれるような気がする。なぜなら、親も子も、相手の悪口を世間には言いたくない、という惻隠の情がある場合が多いのだが、・・この青年は自分の生涯を父が邪魔すると感じたのだろう、父とは口を利かなくなった。父のみならず、他の誰とも口をきかなくなって丸29年をすごした。ライナー・ヘルベルは今年51歳になるというか...

… 続きを読む

2019-03-26 (Tue)

社長の顔が見たい

社長の顔が見たい

社長の顔が見たい 曽野綾子  戦前の日本の生活では、勘の良さとか気配りとかが美徳としてしきりに言われていたが、戦後はアメリカ型の管理体制が入って来て、いわゆるマニュアルというものがどこの部門でも使われるようになった。言葉は悪いが、気配りなどというものは、或る程度感覚の鋭い人にしかできない。しかしマニュアルが導入されて、すべてそこにある通りやっていけばいいのなら、かなりぬけた性格の人でも何とかついて...

… 続きを読む

2019-03-25 (Mon)

 自信をつける方法

 自信をつける方法

この9カ条報告書がなければ、次の金など貸さないものだ。それが人間世界の常識だろう。そんな相手に甘い顔をして金を出せば、「感謝もなく」もっと取ってやれ、と思うだけなのだ。・・もともと報告書もださない国家は、国民の末端の福祉のために、支援金を使ったりするわけがない。国中の役人が、上は大統領から下は村の小役人まで自分の懐に公金を入れようとしているわけだから、子持ちの未亡人の生活のために金や恩恵がいくわけ...

… 続きを読む

2019-03-24 (Sun)

国家の財産 居眠りから目覚めて

国家の財産 居眠りから目覚めて

私が働いている日本財団では、この国で農業改革をやっているのだが、農民の多くは「なぜ」そうなのかを理解しない。表土がなぜ大切なのか、土地の水不足という問題を解消するにはどうしたらいいか、日本人だったら基本から考える人が学歴に関係なくたくさんいるが、アフリカの多くの農村ではそうではない。 もっとも今では意欲のある地方の指導者もたくさん出ているし、婦人運動も盛んである。・・けれど、これがの行改革運動の結...

… 続きを読む

2019-03-23 (Sat)

雨男・晴女

雨男・晴女

・・それで私は何気なく「冷静で寛大だというのは、最高の徳ですね」とお答えしたのだが、単なる食事中の会話としても、大統領夫人と私は大変大切なことを話していたと思う。 一国の指導者が常に冷静で寛大であるということは、その国にとって大切なことだ。冷静であれば背後のからくりも見えるし力関係の計測と選択ができる。寛大であれば、人間性の弱点を超えて個人と国家の進むべき道を選ぶことができる。それが国家の尊厳を保...

… 続きを読む

2019-03-22 (Fri)

ありすぎる自由の中では

ありすぎる自由の中では

私は自分の母、夫の両親といっしょに暮した。もちろん私は書く仕事も続けていたので「仕えた」記憶など一度もない。あたふた、どたばたと、愚痴もいいながら、とにかく一緒に暮らしたのである。・・夫が外国の大学で教えないかと言われた時も、三人の親たちのことがあって引き受けられなかったので、まだ若くて外国生活をしてみたかった私は、泣いたこともあった。・・夫婦は夫婦だけで気楽に過ごすのがいい、と私は今でも思ってい...

… 続きを読む