FC2ブログ

大阪堺市のマッサージ隠れ家オアシスLotusの blog

女性たちの贅沢世界を 男性方にも是非どうぞ。 本格アレンジマッサージで お体と心を健やかに 小さな隠れ家オアシスで 優雅な寛ぎのひとときを TEL090-1719-7162 営業 12時~23時

Top Page › Archive - 2017年09月
2017-09-30 (Sat)

言の葉占い より

言の葉占い より

あなたはやや無愛想であり、他人に対しては無関心であるかのように捉えられるようです。冷静で落ち着いており、笑顔を見せることも少なく、決めたことに関して頑固でもあるので、近付き難い印象を持たれることもあります。何事も自分が興味があることにのみ接することを好み、それ以外のことには関わりたくないと、と思っているようです。興味関心があることについては、妥協無く追求し高い専門性を持ち、レベルの高いスキルを持っ...

… 続きを読む

2017-09-30 (Sat)

 誰にも死ぬという任務がある 曽野綾子

 誰にも死ぬという任務がある 曽野綾子

心の穴を埋めること。立派な人間となって死ぬために 人間には性格として、絶えず生の希望に燃え続けられる人と、ほっておけば死に視線が向く人とに分かれるように思うけれど、それは先天的な資質であって、変えようもないし、どちらがいいとか優秀とかの問題でもない。 人はすべて自分に与えられたものだけを使い切って死ぬのが一番見事なのである。・・しかし私の実感では、料理ほど、人間の全神経を使う(精神を鍛える)ものは...

… 続きを読む

2017-09-29 (Fri)

かならず柔らかな明日はくる

かならず柔らかな明日はくる

大人は、自分の道楽と酔狂で生きるべきなのだ。もちろんことの責任は、当人がすべて引き受けねばならない。しかし道楽と酔狂でする気にならないのなら、どんなことでもするのは止めたほうがいいのである。本物の生き方修道女は外国人でありながら一生日本にいらっしゃるってこと、お家にもお帰りにならない。お父さんもお母さんも、友達も故郷も捨てて、ここにいて私達のために教育をして下さるんだっていうこと。捨て身、ですね。...

… 続きを読む

2017-09-29 (Fri)

言の葉占い より

言の葉占い より

あなたは独自の世界観が強く自分の愛好する世界にとことん耽溺する方で、そこに浸っている時間が幸せで他人なんかに一切邪魔されたくなんかない、などと思っておられるようです。あなたの『好き』は生活スタイル全般に影響し、好きなミュージシャンやモデル、作家などのスタイルを、そのまんま真似してしまうことも少なくないようです。かといって、全く他人との交渉を望まないわけではなく、最低限のおつきあいは出来る方で、かえ...

… 続きを読む

2017-09-28 (Thu)

必ず柔らかな明日は来る

必ず柔らかな明日は来る

どんな学校に入っても、いい学校にはいれたね、と親はいうべきだと思うのです。それは子供の学校に対する、あるいは教育全体に対する尊敬の念ですよね。あんたの入った学校なんてろくでもない学校だというのは、もし本当に教育を考える人だったら、あり得ないことだろうと思う。だんだん世間はぜいたくになり、30人学級がいい、20人でも多すぎる、10人でもだめ、ということになって、今に一対一、生徒一人に先生が一人でなければ、...

… 続きを読む

2017-09-27 (Wed)

戒老碌 曽野綾子

戒老碌 曽野綾子

こどもが心配をかけなくても気を弛めないこと。子供が心配をかけたら、感謝すること。 ・・・私はそのような態度を見習わなければと、なんど思ったかしれない。運転手や看護婦をつけることではない、自分が老人のそばにいるということについてである。 しかし、その家の老婦人を見ていると、なんだか弱弱しかった。遠くから見ていると、彼女はただ生きている、というだけで、まだそんな年でもないのに、生きていることのたくまし...

… 続きを読む

2017-09-26 (Tue)

立ち止まる才能 曽野綾子

立ち止まる才能 曽野綾子

立ち止まる才能 曽野綾子 土砂降りの雨は激しく庭まで流れこんできていた。表通りの方が高いので濁流はすべて修道院の庭を襲う。すでに庭一面に2,30センチくらいしか余裕がない点まで上がってきている。もちろん子供たちは何も知らず、床の上に輪になってすわり、お弁当屋が昼ご飯を届けに来るのをじっと待っていた。配達はこの豪雨のために到着が10分、15分と遅れた。眠くなって、一隅に敷いてあるうすべりの上にひっくりか...

… 続きを読む

2017-09-25 (Mon)

戒老碌 曽野綾子

戒老碌 曽野綾子

「あの方は子供をなくしたあと、よく陶器なんかに興味の対象をすり替られたと思うの」このような反応を示した夫人は、人間的、ということを、あまりよく理解していないのではないかと思われる。子供を陶器にすり換えたのではない。生きている子供を、土のかけらに置き換えられるものではない。ただ、子供を育てることだけが人間の生きる道ではなく、そうでないさまざまなものへの雑多な愛もまた、人間を支えるのである。若い時代に...

… 続きを読む

2017-09-24 (Sun)

立ち止まる才能 曽野綾子

立ち止まる才能 曽野綾子

立ち止まる才能 曽野綾子 ・・同じような形で、連載中の作品を中断したことはほかに何度もある。一番最近では、・・再び第一回目から、この差別語の規制を強いられて私は意欲を失った。そんな節約を受け入れて書いても決して長続きしないだろう。連載は一回目が印刷されないうちから中断された。だからこの作品はまだ一行も日の目をみていない。・・この差別規制の場合も、私はひっそりとやめた。・・私もご都合主義なのである...

… 続きを読む

2017-09-23 (Sat)

戒老碌 曽野綾子

戒老碌 曽野綾子

皮肉なことに、老いてなお、子供が独立していなかったり、金銭の苦労があったりする人は、その淋しさという苦しみを免除されている。淋しさは一応、恵まれた老人に課された、独特の税金だといってもいいかもしれない。 他人に話し相手をしてもらい、どこかへ連れて行ってもらうことによってそれを解決しようとする人がいる。しかしそれは、根本的には何ら解決にならない。毎日遊びに連れていき、常に話し相手をしてくれるおもり役...

… 続きを読む