FC2ブログ

人間の建設 小林秀雄 岡潔

学問をたのしむ心 より
 好きになることがむずかしいというのは、それはむずかしいことが好きにならなきゃいかんということでしょう。
たとえば野球の選手がだんだんむずかしい球が打てる。やさしい球を打ったってつまらないですよ。

ピッチャーもむずかしいのをほうるのですからね。つまりやさしいことはつまらぬ、むずかしいことが面白いということが、だれにでもあります。選手には、勝つことが面白いだろうが、それもまず、野球自体が面白くなっているからでしょう。その意味で、野球選手はたしかにみな学問しているのですよ。ところが学校というものは、むずかしいことが面白いという教育をしないのですな。

むずかしければむずかしいほど面白いということは、だれにでもわかることですよ。そういう教育をしなければいけないと僕は思う。それからもうひとつは、ガう門の権威というものがあるでしょう。学問の、社会における価値ですね。それが下落している。学者というものは、俗人じゃないのだから、偉い人なんだという教育、こういう二つがあると僕は思う。



スポンサーサイト



曽野綾子 引退しない人生

より、数日間内容を抜粋して紹介します。が、この本自体、複数ある著作より抜粋されてできたものなんですよね・・

納得して死ぬために
 何歳で死のうと、人間は死の前に、二つのことを点検しているように思われてならない。一つは自分がどれだけ深く人を愛し愛されたかということ。もうひとつは、どれだけおもしろい体験をできたか、である。それが人並み以上に豊かであれば納得して、死に安くなる。

大人と言うもの
意識して裏表を使い分けられるのが大人というものだろう。

自省したり、物事の意味を考えたりするという勇気ある行為は高齢者のもの、死を近くに意識する者の特権である。

自分らしく
人に見られる、という環境の中にいると、歩き方、食べ方、坐り方、すべてが違ってくる。繰り返すようだが、その人の美醜とは関係なく、である。背は可能な限りのばされ、足は二線上ではなく、一線上を歩くように意識的に動かされる。すべての人が体つきに欠陥をもっていると言っても構わないのだが、背の低い人、高すぎる人はその人なりに、太っている人、やせている人はそれなりに、O脚、大根足もそのままで、自分らしさを出そうとしている人は、きれいなのである。

歴24年,個人エステサロン

日常の喧騒からはなれた 美的体験で 心の癒しと解放感を。 Lotusでは、いつ帰ってもいいような あたたか味とゆとりのある 居心地のよさを 皆様に提供させて頂くことを 目指しています。 皆さまにとってLotusが、癒されて元気になれるパワースポットのような場所になれれば幸いです。

カテゴリ

リンク

訪問者数

検索フォーム

大阪 宿泊

旅行

QRコード

QR

Lotusは7周年を迎えました!

老舗店をめざして精進してゆきますので、今後もご贔屓どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)ご新規、一見さんも歓迎です☆ なお、記事は全てセラピストの妹の日記です。セラピストは別の人で、記事は書いておりません。元気でいつもお店にいますのでご心配なく!

プロフィール

Lotustaff

Author:Lotustaff
専任セラピストnami,HP担当kaoriです。当店ブログをご覧頂きありがとうございます。いろんな方にお会いできるのを楽しみに日々お仕事してます♪お店にも来てね~!

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ