FC2ブログ

パソコンを整理してたら出てきた、6年前の母への手紙

2014年12月15日の記事をご覧くださいませ。その時に母に渡した手紙だからその場所に入れ込んだんで。
ちょっと手なおし手入れしております。

私は10代の前半から36歳までずっと、適応障害で対人恐怖で、人付き合いがうまくできず、学校や社会になじめず人と親しくなれなかった。仕事や勉強が手につかなくなって、学校を2度辞め、仕事は数え切れないほど行って辞めてを繰り返して精神衰弱や、不安神経症の程度がわるくなってきていたころです。当然自立などかなわず36歳まで実家でニートをやっていました。障害名がつけられていないころだったので肩身がせまく恥ずかしく、近所の親戚にばったり会うのが最も恐怖であり、昔の友達とも境遇が違ってきすぎて話をあわせられなくなってきたので、電話番号を変え年賀状をやめて縁を切ってきて、友達も一人もいませんでした。姉や母が、親友であり母であり外界との唯一のライフラインでした。

20年近く、数え切れないほど失敗・挫折つづきだった私は、希望や自信やプライドなどはこっぱみじんにされ、どうやって再建したらいいのか・・満身創痍で疲れ果てており、ショックや抑圧の連続によって、強迫神経症の発作のような、(意識をいやなことからそらすことができず、どんどん膨らみ、苦しみに押しつぶされて寝込んだり自殺をはかったりする。)精神の病が二次的に発症し、その程度が一番悪いころだった。

は生きることはつらく痛く苦しいだけ、何も生産的なことができない、成長すらできない、社会でも家でも役割もないとなると、生きていることは無意味であり、若いのにせっかくの時間を何にもつかえないのだったら生きている意味がない酷だと思い、死にたいと思わなかった日はありませんでした。欲しいものや夢など遠い話で、しいていえば過敏で狂っていない、丈夫で安定したいい意味で鈍感な普通の体と頭がほしい。お金を稼いで一人前の人間の義務を果たして誰にも遠慮せず伸び伸びと生きたい。たったそれだけでした。みながあたりまえにもっていて空気を吸うように自然体でできることが、どうしてか昔から私にはできませんでした。どこかがかけてたりゆがんでたりしたんだと普通に思っています。こういうふうに生まれついたのは私のせいでないから。そして私の思う理想、つまり鈍感人間になってまいにち働くこと。働きさえできたらあとは何も望まない。だって自分は義務を果たしている、文句言われる筋合いはないで、と大きな顔をしていられるのだから。くやしかった。
・・・こんなのは夢じゃない、普通みなが「しかたなく」やってることじゃないかと思う。神様はそれすらかなえてくれなかったな。

それがある日急に、悟りが開けたがごとく、何もいいことあったわけでもないのに、突然、失って傷だらけでおかしくなってゆくばかり。の認識やがひっくりかえって何か別のものを得ている、という実感が突然にぽんとうまれて、そして幸せに満たされたのでした。


どこにでもある普通の冬の一日、が私には祝福のようにありがたく、何もかもきらめいているようであった、働き者でメルヘンな母の誕生日に。そういう内容です。読む必要ない位ほとんど云ってるな・・

師走の、澄んだ冷たい空気にさす、希望の光のように思えたやさしい日光を、思い出します。

 http://lotustaff.blog.fc2.com/blog-entry-3492.html
スポンサーサイト



堺の都心に引越ししたい

いろいろ問題のあるマンションで、オートロックが逆の働きをしてるとしか思えないんですね、ややこしい人がたくさん住んでる程度のわるいところなのに、そいつらを過保護に閉じ込めてどうするんだ、中におる人のほうがよっぽど危険やろー。

となりの人、気が狂っていて引越し当初の2年前からなぜかわたしに目をつけていていろんな嫌がらせをされた。耐えかねた私は向かいが空いたことで、管理会社に頼みこんで無料で移らせてもらってまだ助かった。執拗な悪意にみちた目つきと因縁づけ、あやまってもそれですまない機関銃のような不愉快極まりない言葉攻め、待ち伏せしての暴言、など、いろいろありました。

毎日壁を平均5~10回、ひどい時は23回連打するので2回、警察をよびました。管理会社が相手にしてくれないからです。最近では警察をよんで、お互いもう関わり合いにならないように、と約束するように促され警察の前でお互い誓ったのだ。
それなのに、その一週間後廊下の踊り場でまちぶせして、「きもい、不細工、魚臭いねん」とどなられ、


昨日はまた、あさ踊り場で待ち伏せなのか家にいるのが苦痛で出てきたのか知らないけど、思いがけず遭遇して、やつは私にすれちがうとき「おまえ、夜中出て行く時のおとがうるさいんじゃボケ」(女性)とどなられ、わたしは耳なしになったようにその人のことはすべて無視すると決めてるので当然無視してとうりすぎて自分の部屋へとむかったのですが、するとやつはついてきて、私の頭を思いっきりはたいて自分の部屋にはいっていきました。気持ち悪さと動機がしばらく続きました。

やってる根本は狂人の無差別無意味なやつあたり暴力であって、これが頭はたかれただけで済んだのは運がいいほうだと思うのです。


週に一度くる家族もやつのことは知っていて、姉もやつの異様な悪意のこもった視線に不愉快きわまりないものを感じたのか少し言い合いをしてました。父はボイスレコーダーをもってきました。家に出入りする友人知人もしってるし、オバハンが自分の気違いをごまかすために私をキチガイよばわりするのです。狂人は自分を狂人だとは思わないものなのか。わたしは壁20回もたたいてない、やってもないことをやったと思うのはあなたが頭がおかしいのよ。と非常に毅然と自信に満ちて言うのです。


あたまのおかしいオバハンが一人で理路整然と自分の保身と相手への嫌がらせで嘘をついて私を悪者にしようとも。


わたしは性格もだいたい健康で頭はおかしくない。という、証人がたくさんいる。あいつは頭が病気なだけでなく性格が大変わるくプライドが高いから救いようがない。きっと身内にも社会にも捨てられたんだろう。友達も一人もいないだろう。プライドも高いから仕事にもでられないで、人を嫌がらせることしか生きがいがないんだろう。気の毒なやつ。社会に役立つこともせず人を嫌がらせることしかやることのないやつなんか国税で生かしとく必要なんかない、死んだらいい。刑務所に送るのすら反対だ。そんな安全なとこにまた是菌使ってかくまって過保護にしてやる必要あるか?全員無人島の島流しになって野垂れ死にすればいい。老人としての徳分もなく、大変性格が悪く全てに悪をまきちらすような徳のない老人なんか姥捨て山に捨てればいい。無差別に人殺しをする人がいるが、純粋に、お前が死ねよといっつも思う。


警察が間にはいって話し合いをしてる時、父も怒ってました。むしろわたしに。悪くないことについてあやまることはないと。ただ私としては狂人にまともなことをいっても通じないどころか余計に恨みを買うもんで、しかも不毛な水かけ論が続くだけで疲れてしまうだろうから、悪いとおもってなくてもあやまっといたのです。そして二度と目をあわせない何をされても言われても口をきかないと決めたのです。

これが刃物だったり金槌だったりしないで済んでるあたりが、なんとか助かってる私の悪運のよさだとおもう。けれど、このままほっといたら、何かもっと頭が狂ったとき、目をつけられている私が殺されるかもしれない。


と思い、職場からもとおく都心にでるにも不便な深井の地から、堺東あたりの便利のいいところに引越ししようと、今日から物件探しをしております。今日も殺されずに何事もなくすんでよかった。















お祝いの封筒に日記をかいた

今日は日曜日。しごとおわった次の日はひたすら寝ていた一日でしたが、二日目の本日はあさ6じ30ふんに自然に目が覚めて、気分がよかったのと、そろそろやらないといけないことがせまっていたので、おきてからお昼近くまでフル活動でした。

まずはみがきをしてお祈り。40分。このごろ生活や心身が安定してきたので、できるうちにやっとこう、また習慣をとりもどそう。そして社会参加するようになってから、いろんな人や状況を見て、お祈りしたいことが増えてきた。前はほとんど誰の顔もうかばなかったけど、今は職場の管理者、本部の人、あるばいとの中の古株5人、新しく入った人たち、そして姉と母と父と、まえの職場でおせわになった苦労していた男性とその息子さんのこと。をここ3カ月ではお祈りするようになりました。まえはまだ、以前の職場の心配だった人々のこともお祈りしていたけれど、いつのまにか忘れて行った・・・更生が難しそうな人たちだったから、自然そうなっていったのかもしれない。

パートナーのこと、次に姉のことを一番最初に一番力をいれて願っている。具体的な健康状態が心配だから。次に両親のこと。

父は株がうまくいって人間関係もうまくいって、友達にめぐまれ、家事を愉しんで手伝ってくれるようになって、お酒をひかえ煙草をやめることができて、毎日運動や散歩する習慣がついて、体がよくなりお金もたまりますように。株取引が順調に行って、むくわれますように。体を大事にしたいと思うような、張り合い、生きがいのある、ある程度忙しい楽しい人生をおくってくれますように。

母は、いつかすべての義務から解放されて時間もお金も自由に使えるようになって、好きなことを好きにできるようになりますように。
また忙しい日々の中でも、小さな楽しみをみつけて豊かにすごせるようになりますように。一切の病気怪我事故と無縁でいて、人生にゆとりと愉しみと生きがいを見い大して、長生きして人生をエンジョイできますように。

などなど。私は恵まれた人間関係や職場環境にいられること、に対して心から喜び感謝していたいこと、日々の何気ないことを明いっぱい楽しんで成長の糧としたいとおもってるので、そのために自分の心身がいつも安定して健康でありますように。周りの人たちを喜ばせる存在でありたいので、きさくな人柄になれますように。

あと、自分の天職 適職へとお導きおねがいします。やはり仕事にしても多彩でもっと気や頭をつかわないといけない仕事についたほうがよいのでは・・・というあせりがあるのです。年が中途半端で社会に未練をのこしているもので。。

ところで今日は日曜日、毎週両親が車で食材を届けにきてくれる日ですが、夜に用事があるのでこちらにはいつもより1時間ほど早くつくとのこと。

朝は0630に目覚め、昼の約束までフル活動でした。母の差し入れの総菜のあまり汁をのこしておいて、週末、それをもとにカレーをつくった。おかげで味付けほとんどなしで美味しいカレーができた♪ あとはいつも作りだめしているにぼしとわかめの和風サラダを3つ。

1230から車で昼ご飯にガストへいったものの、満席すぎたのでデニーズへ変更、元喫煙室の暗めの席に通されたけど、これがかえっておちついてよかった。ローストビーフサラダと栗のパルふぇをたべて、2時半にはおいとました。

姉と母が荷物をもって私の部屋にやってきた。お父さんは4階まであがるのがしんどいので車でまっている。
今日の凍ってない食材の差し入れは、レタスメインのエビサラダ、ゆでたまごとトマト、殻をとってゆがいた、ぷりっとしたエビがはいってる。手の込んだサラダ。自家製カニクリームコロッケ。カレイのにつけ。どれも一般家庭でも外食でも、なかなか簡単に食べれないものだよ、すばらしいね!ありがとう。

お返しに、総菜の煮汁をためたもので作ったカレーと、私流のニボシとわかめとかにかまの、海鮮サラダを持って帰ってもらって物々交換。
今週もカレーつくれるかな?

それに加えて、父が10年前からやってる株取引が、このごろ調子をとりもどしてきたみたいで、5万円、わたしにお小遣いをくれた!いつも願ってたし、なかなかうまくいかないのが長引いてたので、このごろ調子が戻り出したことを前家に帰った時聞いて、うれしかったけど、こづかい5万も持たせるほど回復したとはめでたい、記念碑的なお小遣いだったので、封筒に日記をかいて大事にしまっています。

体にきをつけて、充実した楽しい日々をおくってほしいですね。来週もよろしくね。
   

お母さん お姉ちゃんへ

ふっと理由もなく悩み不安を忘れて楽な気分になったので、できるうちに、とひさびさに日記かきます。メールも電話もしないで、会うこともできず、心配かけてごめんね。

ブログを毎日更新して、私の日常事実や、思ってることを知らせることで、楽しんでもらったり、私の考え方や感じ方とか自分のことを知ってもらって安心してもらうため、特に離れて住んでて電話する習慣がないお母さんに向けて書いていこうと思ってたんだけど、長く続けられなくて残念というか申し訳ない・・術後の、考えもしなかった異変や先生に対する不信や嫌悪のために、精神的にまいってしまってしゃべれないし、書けなくなってしまいました。

顔や態度に出さないでいられる人だったらよかったんだけど、会って、改めて嫌なことや不安に思うことを、一から思い返して話をしだすことで、つらさをまた掘り起こして泣くだけになるだろうと、思って会えませんでした。

また思うに、いつも困ったことになる原因が、内緒で一人で勝手にやるからなのかもしれないと思って、今回のことは皆が知ってて付き添いもしてもらったのだから大丈夫と信じてた。だけど、やっぱりそうでもなかった。毎度、なぜなんだろうと思う。自分には、誰も何も関係がなく、自分独特の、傾向がついてまわるんだ、やらなくていいことをわざわざやっておかしくしてしまうこと。いつもすんなりいかないで、何かしらのトラブルが毎度ついてまわること。

手術した先生の、次の日の診察の時の態度や言動がだいぶんこたえて、次からどうしても行くのが不信で厭で、他の病院をずいぶん回った。いろいろあった。あとは3か所位、知ってるところがあるので、一度行ってみようと思う。

どちらかというと、毎度のことだけど、身体の状態がとってもひどいというより、精神的にまいってるというのが大きいだけだから、あまり気にしないでね。お姉ちゃんと知くんがいつも、病院をさがしてくれたり、ついてきてくれてるから大丈夫。お母さんがお祈りしてくれてると聞きました。私も手術以前は毎日皆のことお祈りしてたよ、今しばらくはできてないけど、しんどかった時を除いて3年くらい続けてる。でも神様は私自身のお願いは少しも聞いてくれないね、だから自分のことはほとんど何も願ってないわ。でも、これだけはお願いしてた。

自分がとても恵まれた環境、人間関係にあること、無償の愛を少数の人々からもらえてることにたいして、いつもありがたく思って喜んでいたい、そのために、心身ともに安定して健康でありたい。とくに精神的に安定して毎日普通が続いてほしい。そして日々向上して明るさを与える人でありたい。それだけはどうしても、お願いしてたわ。

昔からブログなどは断続的に書いていたけど、それまでは自分のためだけだった。今の年になっては、皆に、感謝と愛を伝えるために、いろんなことを思い出して、憶えてることと、私が現在見たこと、思ったことを文章にして伝えていきたいと思ってたんだよ。なのに続けられなくて、急に音信不通になって心配かけてつらいわ。また、泣かずに明るく話せる状態になってきたら連絡するね。



瑞光4丁目に行ってきた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

なかむら胃腸肛門科クリニックのパワハラ

過去最低でした。特に人間性が。時間はどれほどかかりますかと質問しただけなのに、そんなこと今あなたが知ったところで意味ないでしょ?と言われました。必要以上に感じ悪いです。そして術後の説明も雑なせいでどんだけ不安に陥ったか。ここで問診とくに手術するべきじゃなかった心の底から思います。いまうつ病になっています。肛門の狭窄症、収縮ができなくなったんではないかというくらい、いくつマグネシウムのんでも一切出ない。5倍飲んでようやく一センチくらいのほそいのがすこしでるくらいで、もうひりひりして痛いだけだから、これなら一切でないほうがまし。その後はおしりにずっとかたまっています。おなかがパンパンです。便意はあるのに痛すぎていきめないし、いきんだところで肛門(あるいは直腸の出口)がこれ以上伸縮なしという感じで開かないのです。それでコーラックを追加するとこんどは最大一センチのあなから勝手に、水道管爆発みたいに全部放出して最後までとめられないのです。出かけ先だったので大変でした。家でも大変です。そういう説明も一切ありません。とめておくことができないかまったくでないか。外側の10年来のできもの、これを気にして手術したのに、切ったはずのものがなぜ外に、まだ出てるのか(糸でくくられてる)。いつとれるのか。しかもわたしは糸でくくる手術はいやだから切ってといったのになぜ糸でくくってるのか?そういう不安もわからなさも、どこで怒られて不快になってダメージ受けるかわからないから、聞けない。質問や疑問を遠慮して言えない。えらそうで一方的でずれた決めつけで人に話をさせない、聞かない、必要以上に不愉快で意地悪な言動をされたのが、本当にこたえた。

それで便通の、’自分の感覚によると直腸狭窄に思える)不具合を訴えていくことができず、この手術とこの仕上がりは間違いないのか、直腸狭窄になったとしたらどうしたらなおるのか。とかの不安と疑問に対して、ふつうに受けてくれて的確にこたえてくれるところ、こちらは普通に話をしているのだから普通に受けて考えや解決策を返してくれる、普通の人であるお医者さんのところに行きたい。手の下しようがなかったとしても、話をわかってくれて的を得た答えをくれて不安を解消してくれる、なおっていくと信じさせてくれるような、やさしい先生のところに行きたい、と思った。手術したなかむらにいって、いまのおかしな状態を訴えてもまた、傷つくことをこちらにすりかえてえらそうに言われるだろうと思うと、泣けてきて、泣いてばかりいます。手術するんじゃなかった。ほんとうにしなければよかった。手術したらそのようなこともありますよ、と最終的にはまるめこまれて、こんなんで一生いきてかないといけなくなるかもしれないんだ。やらないでいいことを余計なことをやった私が悪かったのか、一生にわたって一大事をしくじる人なのか私は、とまたしても自分とその人生に対して絶望して死にたいと思う。私が暗いことで周りに迷惑をかけてせっかくの一緒にいる時間がだいなしになるのはもうこれ以上厭だと何度思ったかしれないのに、また?

ここにはなにかあっても二度といきたくない。すごく厭な、人を鼻さきで適当にあしらう傲慢不遜な顔と態度と言葉だった。あれは人の人生や命を操作する預かる医者のあり方だろうか?それ以前に…人を人扱いしていない、人と思えない人だった。雑談しながら手術するなんてやめてほしい。私は製脈麻酔がきかなくてずっと起きていた。局所麻酔だけだった。製脈麻酔いつきいてきますか?と不安になって聞くと、しょっとしゃべらんといて目閉じなかったらきいてこないよ、いま大事なところやってるんやから。とまたしても私のせいにされる。人のいいにくい病気をネタにして食ってるくせにえらそうに。そちらの手術で人の体をいじって、出来あがりが納得行かない説明とちがうものであり、不具合とわからない痛みがあり、不具合と不安で生きた心地のしない私に対して、申し訳なく一生懸命それをなんとかしようとするのが普通の人の神経だと思う。自分の(あるいは)不足で人の体を障害しといて苦しんでる私にたいして、自分を信じないおまえが悪いみたいに、高圧的でえらそうになれる神経は普通と思えない。私がお金をだした私の体です。それが他人の手により、不具合が生じて痛みや不安で日々生きた心地のしないでいる私が、疑問や不安を普通の口調でたずねることを、なぜ障害をあたえた当人に頭を押さえつけられるようにおかしな言い分で怒られないといけないのだろう。自分の手術を信じないことが腹が立つのだろうか。しかし医者なのだからプライド以前に人の命や人生を勝手に操作してる重さを感じる心をもってしかるべきだと思うのだけれど。私の体はあなたのものじゃないし、私の不具合はあなたがつくったんであって私が作ったんじゃないのにその態度・・・と言いたい医者がほとんどだったからだいたいはそんなもんと思ってるけど、この人はとびぬけてる。最低限人間味があって普通に疑問と不安などこちらの話を聞いてくれて、思い込みや押しつけなく、的確な答えで解消してくれる、解決策をしめしてくれる、心あるお医者さんに出会いたい。

術後5日目

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

この頃眠り病かと心配

朝8じに起きて、おつとめをしながら、うつうつしてしかたなかった。どのへん言うてるのかあやふやになりつつ、ようやく終わり、掃除も洗濯もおわっていて何も予定がない。外に出るのは億劫。となると、さあ寝るか、となってしまう。なんせやたらに眠かったから。

次起きたのは11時40分ごろ、友達のメールで目が覚めた。何往復かメールしてから、寝ころびながらちびまるこちゃんの本を読んでいたのだけど、いまいち読む気がせず、そのうちまた寝てしまった。

次目が覚めたのは2時ごろ。アイスなど買いに行った。いちごのかき氷バーと白熊アイスと、クリームクロワッサンなど。昼ごはんのつもりでたべて、満腹になったところで録画取りを見ようとしたのだけど、これまたあまり頭にはいってこないし面白くおもえなくて面倒くさくなり、そのうち音がうるさいと思って音消しにして、本も読みたくない。そしたら何もすることがなくなった。すると寝ころぶしかない。布団がやたら気持ちいいのでいつのまにか寝てしまった。

次は5時半だった。かき氷バーを食べてお茶をのんだ。私の心身は一体どうなってるんだろう。調子が狂っていると思う。

何もよごれてないからお風呂にはいる必要も感じないし、本もテレビもめんどくさいし、いまさら身なりを整えて外に出る気もしない。というか一人でいるとき身なりを整えて外に出る習慣がずっとなかったことも大いに手伝って、なおさら身なりを整えて外に出る意味がわからず、整理整頓と掃除はしているしで、何もすることがなくて動くのがとにかく億劫なので、またしてもねころんで、今度は布団をかぶってねてしまった。布団はふわふわで気持ち良かった。

次は7時。はみがきをして夜のテレビを見るともなしに見る。特別な薬も飲んでないのなんで一日中寝れるんだろう。頭がぼーっとして、もう完全に今日の私は電源オフなんだな、と思う。もう今日はこういう日とわりきった。部屋を暗くして、また布団にもぐりこんだ。布団にもぐりこむ以外にしたいことがない・・・こんなのがつづいたらどうしよう。うっすら恐怖を感じつつ。

次は12時前。かき氷バーを食べて歯磨きをして、こういう日はとことん眠れるものだと知っているので、もう抵抗せず、明日の仕事着の用意などだけをして、再び部屋を暗くして布団にもぐりこんでじっとしているうちに意識がなくなりました。

そして次の日、6時に目が覚めたけれど6時に起きてもすることがないのでじりじりしてるうちにまた意識が落ちて、次は8時。
そろそろ起きよう。

しかしこんなにも何もかもが億劫で興味がないとなると、ほんとに人間手のは寝るしかないもので(それにしても私のオンオフは極端だと思う)仕事があること、行くべき場所があること、そして時間内にしないといけないことを与えられること、そのすべてがなんとありがたいかと思ったのでした。

心身ともに動けるのにあえて出勤日数を減らしてのんびりしてるのがバチがあたったのかと反省し、月曜日から再び仕事探し始めます。 神様無駄に一日過ごしてごめんなさい。

だから昨日の反省で今日はよく働いた。いつもより早く終わって、ガストでゆっくりした後、家に帰ってフル活動してました。

部屋の掃除と自分の掃除。さっぱりしてやる気がでてきた。
それにしても昔は、余暇には本やテレビや映画みるのが普通だったのに、体質が変わったのか頭がわるくなったのか、興味が薄れ吸収しなくなったみたいな気がする。だから休みの日は外にでないといけないように変わったのかもしれない。

あるいは今の仕事をふやすか、別の仕事をかけもつか。・・・とにかく昨日みたいな一日は二度と過ごしたくないので、気をつけて暮さないといけないし、何かやらなあかん用事をつくらないといけないなと思いました。ひとまずは洗濯物を朝用においてます。

予定通り動けていい一日・陶山勝郎先生と気学

昨日日記を書いていたり本を読んでいて寝たのが3時40分。のばしのばしにしていかなかった皮膚科にも、薬がもうなくなるからいいかげんいかないといけない。どうせなら朝一に間に合うように行って、早めに帰ってきて休みである今日一日の時間をゆったり有意義にすごそう。

と思い、7時に目覚まし通りに起きて、問答無用でさっさと起きて身支度をし、アラームに従って間に合うように行動し、次のアラームのタイミングで家を出て行きました。ぐずぐずしてたら一日だいなしになるから、問答無用で家から追い出したわけです。

最近きちんとつかいだしたスマホをいじってあれこれ、ああでもないこうでもないとやっていたから、電車をのりこした。
ではなくて早くに下りてしまったことに15分くらい歩かないときづかなかった。

というのも下りた時の駅の感じと街並みがそっくりだったんで、いつもどおり改札をでて、ひたすら西へとすすんでいってたんですが、病院がいつまでたっても出てこない。景色が微妙に違う、みたことないところに変わってきた、これはおかしい。と思った瞬間、「母方のおばあちゃん家」の近所に、突然躍り出ていた。。

ああ完璧に間違った。幸い駅がもう近かったのでもう一回乗りなおしたんだけど、今度は、電車が、わるかった。
おなじ路線に、違う方向に行く電車が混じってる、といういじわるなパターンでやってきたのだった。これは悪意を感じる。
知らずにのったものの、待てども暮らせども目的の駅がでてこないばかりか、聞いたことない不安な駅の名前、が徐々に出始めて・・・

枚岡、ひょうたん山、と二つ変なのが続いてああまた完璧に間違えてるとがっくりきた。今度はななめに違う方向に乗り間違えたらしい。
辺鄙な駅だったので人がおらず、チャイムがあったので話しかけると違う駅から遠隔で駅長さんが応対してくれた。どっから見てるのかわからないけど、私の居場所を知ってるかのように誘導してくださった。改札とおれるようにあけますんで、右にUターンしてあちらの改札へいったら係員に声かけてもらったらまた改札あけますんでどうぞ。とのことでした。淡々と助けてくださってありがとう。

今度こそ無事駅にやっとつけた。目的より1時間半くらいずれこんだけど、今日は雨だったので患者さんがほとんどいないのが幸いだった。朝の部はいつも込み合うから待つだろうとのんびりしてたら、予想以上に即座に呼ばれたので、そんなことは初めてだったのでびっくりして、どたばた荷物をまとめて診察室へ入った。

陶山医院の陶山勝郎先生は、いつも柔和でおちついていて、何かたずねるとしっかり答えてくださって、安心して癒されます。
わりと融通きかせてくれて、この薬欲しいと言えば、それを決めるのは自分だ、みたいに偉そうなこと一切いわず、無理がなければだいたいだしてくれるし、言うべきこと、こちらが知らないことには、きちんと答えてくださる。

ここ東大阪から堺に引越ししても、わざわざ電車のりついで東大阪の陶山医院に通っているのは、先生がいるから。
けっこう勝手をきいてくれるのだけど、それはええかげんだからではなく、患者側を尊重してくれてるからだというのが分かる。
私を理解してくれたうえで、好きにさせてくれている、器の広さや懐のふかさを感じる。

で頭がいい方で(あたりまえやと思うけれど。しかし医者もプライドばかり高くて馬鹿みたいなのが多かったから)いろいろ長々と話をしても、おちついて「うん、うん」と聞いてくれてその相槌が軽々しくない。最後「わかりました」と言って、診断書なりを書いてくださると、実にわかってくれてて的を得たことを端的に書いてくださるので、とてもうれしく感心し、なんて頭の良い優しい人だと(あたりまえやけど。でも医者でもアホはいっぱいおるし、偉そうでたいしたことないのが大半だから)そして、相手を尊重してくれる謙虚な姿勢や態度のお医者さんなどという、めったにいない方に出会うと、その経験や立場でそうできるのは、凄いことだなとほんとに尊敬してしまうしうれしくなる。だって人の病気で食べてるんだから偉そにするのは間違ってるよね。

縁ができたのは、自分をなんとか良い方にもっていこうと試行錯誤、もがいていた日々の努力と出費のおまけだった。
「気学」という、自分にとってよい方角に引っ越したり旅行することで運気をコントロールする、という運命学、占いの手法に凝っていた一時期があった。南方向へひたすら旅行に行き、白浜に一瞬すんだこともあった。破れて、それで最終的に実家から南方向に離れたこちらに一人暮らしを無理に設けたのだった。するとその近くにこの病院があった。アトピーが悪化するのだけど、融通を利かせてくれる付き合いやすかった大学病院の先生がいなくなって、次のところをどうしようかとさまよってた時、たまたま見つけて入ったのがきっかけだった。気学がために使った引越しや一人暮らし、旅行の費用は100万を越して効果があるんだかないんだか全然わからなかったけど、その行動の最後に陶山先生に出会えたのだから、それだけ払った価値があったと思っている。

陶山先生もある程度はお年だから、年に何度かしか行かないでちらと話をするだけのうちに亡くなってしまっては悲しい。などと思うようになって、もうちょっと頻繁に通おうかな、と(何の用事で・・?)思ったり、しました。


その後・・・1時に堺に帰りつき、友達とガストへ。レシートがドリンクバー100円券になっているので無情に捨ててあるのを集めて足して毎回2人分使って毎回元とってます。

今日電車のホームでまってる間の時間に問い合わせたり、レストランでスマホいじったりしてるうちに、いろんな不明点が解決して、だいたいの雑用が今日で片付いたから、いいお昼の時間を過ごすことができてよかった。

朝の寝起きをしくじると失敗して不快な昼の時間になるところだったのが、まぬがれた。早起きして何かノルマをつくってだらだらしないことと、友達と世間の多くの人が集まってざわめいてる活気のある場所に行けたのがよかったのかな。朝一から行動してだらだらせず用事を片付けられて気分がよく、予定通りに行動できたから天気がよく感じられた。

夜に日記を書くと寝るのが遅くなるので、今書いておいて今日はこれでおしまい。とします。雨が降っていますね。
今日は平日、みなさんお疲れ様です。明日はもう土曜日。早いですがおやすみなさい。(8/23 18:45)

今日は元気 用事をまとめて片付ける

昨晩うつで寝転がってるだけの私を心配して知くんが来てくれて、次の日(今日)あさから溜まってる用事を片付ける手伝いに、車で廻ってもらうことになりました。
 
こういう日はまた薬を飲まなくても夜もまたよく眠れるものです、うつの症状の一種の過眠か…?
 
今朝は六時に目が覚めて、調子が良かった。安心した。具合悪い時に出来なかったお祈りやその他用事をして、約束は10じなので二度寝して、今郵便局や役所 図書館、廻って次はUNIQLOやチャリの盗難届にいって、昼ごはん食べる予定にした。

郵便局ではyahooのクレジットを引き取りに。yahooショップでしか買えないものがあって、カードを作ることでつくポイントで、ちょうどそれが買える値段だったから申し込んだんだった。楽天のカード作るきっかけも、つくったら特典でポイントをくれるというのと、それで買いたいものが楽天にあったから作ったんだ。でも結構役に立ってる。でもクレジットは一枚で十分なんだけどなと思ってる。

図書館では数日前に予約した図書を取りに。
ユニクロには宣伝してるワイヤレスブラを買いに。
そして警察署に盗難届を出しに。チャリが一月半くらい前から消えてしまっていた。

チャリを使う用事がなくてすぐに気付かなくて、ようやく気付いたけどその後も使う用事がやっぱりないのでのんびりしていて、しばらく経ってから撤去場所に見に行ったけどすでになかった。期限を過ぎたから処分されたか盗難されたか。どっちか記憶がなくてわからないけど、一応届け出しといたら?と言われたので警察に届け出行くことにした。

私としてはすでに、あきらめてた。どこかに置いたまま忘れて帰ってきて、撤去されて保管期限を過ぎたから処分されたと多分に思ってて無駄だろうなぁ・・盗難としても帰ってこないだろうなと思いながら一応は話にいってみたというところだった。
取り調べ的なことを受けてるときに、チャリを買ったときに持ってた保証書や車両番号の書いた紙を出したら、撤去場所に連絡して車両番号を元にたずねてくださった。そしたら驚いたことにあったと言う。

一度見に行った時なかったから絶対ないだろうと100パーセント期待してなかったから、早くここを出て昼ごはんいくか何かしたいと思ってたばかりだったから、意外な展開にびっくりしてうれしかった。2万円浮いた!明日取りに行きます(^-^)

yahooカードの設定という用事もまた発生してきたから片付けた。
このごろはあっちこっちの会社やサービスがつながりあってるみたい。yahooカードにはTポイントカードがついていて、ペイペイとも姉妹関係みたいなのがあることや、ツタヤのカードとして使えるということを知った。yahooクレジットの支払先を楽天銀行に設定したり、ペイペイの支払先をyahooクレジットに変えたりしてるうちに、期間中に買い物を三回すると、6000円バックがあるとかいろいろ知って、いつどんな買い物にyahooカード使おうか考え中。

次に、日本生命に長い間入ってるからギフトカタログが送られてきて、何か注文しないといけなかった(ありがたいことなんだけど・・)ギフトカタログよりパソコンから見た方が商品が多い、とギフトカタログが、謙遜したようなこと書いているから、パソコンから商品を観覧して回って、ピアスを注文しました。

たしかに紙のカタログよりパソコンのほうが商品多いんだけど、メカ音痴の人はかろうじて見れても注文できないだろうと思い、母や姉の分、私が代理で注文しようと思ってます。

今日は昨日と逆転してスイッチが入ってたくさん動けて、実際たくさんの用事が片付いてうれしかった。コツは決まった生活リズムをくずさない、早寝が無理なら早起きだけでも。起きる時間は10時を過ぎては×。たったそれだけのことだってことが分かった。簡単なことが大事ってことが分かりましたので、今日から気をゆるめず規則正しい生活がんばります。

歴24年,個人エステサロン

日常の喧騒からはなれた 美的体験で 心の癒しと解放感を。 Lotusでは、いつ帰ってもいいような あたたか味とゆとりのある 居心地のよさを 皆様に提供させて頂くことを 目指しています。 皆さまにとってLotusが、癒されて元気になれるパワースポットのような場所になれれば幸いです。

カテゴリ

リンク

訪問者数

検索フォーム

大阪 宿泊

旅行

QRコード

QR

Lotusは7周年を迎えました!

老舗店をめざして精進してゆきますので、今後もご贔屓どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)ご新規、一見さんも歓迎です☆ なお、記事は全てセラピストの妹の日記です。セラピストは別の人で、記事は書いておりません。元気でいつもお店にいますのでご心配なく!

プロフィール

Lotustaff

Author:Lotustaff
専任セラピストnami,HP担当kaoriです。当店ブログをご覧頂きありがとうございます。いろんな方にお会いできるのを楽しみに日々お仕事してます♪お店にも来てね~!

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ