FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

人生、何が勝ちで、何が負けなのか



 第一志望の会社に就職できなかったという人に会った時、「その会社にはすごく嫌なやつがいて、入らなかったほうがよかったのよ」と言いました。「自分の良さをわかってくれない会社なんて入らなくてよかった」でもいいのですが、私はその会社に入っていたら将来、何か自分に悪いことがあるのだろうという気がする。そして受かった第二志望の会社に、自分がやるべき任務があったんだ、と受け取るのです。

 これは負け犬の論理かもしれませんが、人間の勝ち負けというのは、そんなに単純なものではありません。

私達が体験する人生は、何が勝ちで何が負けなのか、その時にはわからないことだらけです。
・・私はうまくいかないときはいつも神様が「お前は別の道を行きなさい」という指示があったと思うんですね。
だから運が悪い場合そこでぐずぐず悩むのではなくて、運命をやんわり受け入れられる心理でいたい。

そして次の運命に協力的になる。自分で望んだわけではないけれど、それによって神様は私に何をご期待ですか?と考えるわけですね。そうすると、たいてい運命は開けてくるものです。

 事実、最善ではなく次善で、うまくいった人はたくさんいます。

「ほんとうは三井物産か三菱商事に行きたかったけれど、競争が激しくて、入れんかった。それで地方の小さな会社に入社したら、大学を出ている社員も少ないし、あんまり頭の切れる同僚もいなくて、きがついたら社長になっとったわ」というような人は、実に多い。 「俺は、こんな会社じゃなくてもっと一流の会社に行きたかったんだ」と嘆くんではなく「拾っていただいてありがとうございました」という謙虚な気持ちで、一所懸命そこで働く。そうすると、結構うまくいくことが多いですね。

スポンサーサイト



1パーセントのエリートが国をひっぱっていく


 
 ドイツの場合、小学校4年生でクラスを分けます。リーダーとして国を背負って行く人間と、職人として物を作る技術国家に尽力する人間と、労働者として下から国を支える人間、それぞれ分かれて教育を受けることになります。

もちろん、多少の入れ替わりはありますが、おおむね小学校4年生でセレクションされるわけです。

日本の人にこのことを話すと「それは早すぎる」と指摘されますが、人間の頭脳は平等にできていませんから、天才の子もいるわけで、そういう子供の才能は、幼少時代からそれなりの環境において伸ばすことだと思います。それでこそ私は平等教育だと思います。

シンガポールなんてはっきり言っていますよね。1パーセントのエリートが国をひっぱっていけばいいと。

 ドイツの場合はそうした人材育成の場として家庭教育に重点を置いていますしね。
とりわけ家庭では、対話というか、議論をする場としてその習慣をつける教育を重視しています。・・ドイツ人はその訓練をリビングで行っているわけです。

ドイツの多くの家庭にはテレビは一台しかありません。子供部屋にテレビがある家なんて、まずない。だから、家族一緒になって同じテレビ番組をみるしかないんです。 それでテレビを見ながら勝手なことを言うわけね。
つづく)

老いを生きる覚悟 曽野綾子



 私も農業のまねごとをしていますからわかるんです。間引かなければいい菜っ葉はとれません。それと同じように、間引かなければいい森にならない。割り箸が木を切るから環境に悪いといって弱い木を間引かないから、日本の林業が駄目になってしまった。
 
だから後年、私は林業の関係者に「あなたたち、どうして割箸が環境に悪いと言われてることに対して、それは間違いだと言わないのですか」と言いましたら、どのマスコミも一切そういう記事は載せてくれなかったんですって。

 人間も同じですよね。日本は戦後、平等教育とやらをやたら奨励して間引きを怠った。その結果、日本国民の大半が平均バカ症候群にかかって、国全体のレベルが落ち込み、劣化してしまいました。

 間引きを訳すと「セレクション」です。つまり選抜でもあるし、淘汰でもあるのね。
 そう、セレクション。優秀な子供は飛び級でやるとか、家が貧しく進級できない子でも、優秀な子なら育英奨学資金のようなけちけちした形ではなく、高校から大学卒業まで無料にするとか、そういう思い切った教育制度をどんどん間引きすることが必要なのではないかしら。(つづく)

お祝いの封筒に日記をかいた

今日は日曜日。しごとおわった次の日はひたすら寝ていた一日でしたが、二日目の本日はあさ6じ30ふんに自然に目が覚めて、気分がよかったのと、そろそろやらないといけないことがせまっていたので、おきてからお昼近くまでフル活動でした。

まずはみがきをしてお祈り。40分。このごろ生活や心身が安定してきたので、できるうちにやっとこう、また習慣をとりもどそう。そして社会参加するようになってから、いろんな人や状況を見て、お祈りしたいことが増えてきた。前はほとんど誰の顔もうかばなかったけど、今は職場の管理者、本部の人、あるばいとの中の古株5人、新しく入った人たち、そして姉と母と父と、まえの職場でおせわになった苦労していた男性とその息子さんのこと。をここ3カ月ではお祈りするようになりました。まえはまだ、以前の職場の心配だった人々のこともお祈りしていたけれど、いつのまにか忘れて行った・・・更生が難しそうな人たちだったから、自然そうなっていったのかもしれない。

パートナーのこと、次に姉のことを一番最初に一番力をいれて願っている。具体的な健康状態が心配だから。次に両親のこと。

父は株がうまくいって人間関係もうまくいって、友達にめぐまれ、家事を愉しんで手伝ってくれるようになって、お酒をひかえ煙草をやめることができて、毎日運動や散歩する習慣がついて、体がよくなりお金もたまりますように。株取引が順調に行って、むくわれますように。体を大事にしたいと思うような、張り合い、生きがいのある、ある程度忙しい楽しい人生をおくってくれますように。

母は、いつかすべての義務から解放されて時間もお金も自由に使えるようになって、好きなことを好きにできるようになりますように。
また忙しい日々の中でも、小さな楽しみをみつけて豊かにすごせるようになりますように。一切の病気怪我事故と無縁でいて、人生にゆとりと愉しみと生きがいを見い大して、長生きして人生をエンジョイできますように。

などなど。私は恵まれた人間関係や職場環境にいられること、に対して心から喜び感謝していたいこと、日々の何気ないことを明いっぱい楽しんで成長の糧としたいとおもってるので、そのために自分の心身がいつも安定して健康でありますように。周りの人たちを喜ばせる存在でありたいので、きさくな人柄になれますように。

あと、自分の天職 適職へとお導きおねがいします。やはり仕事にしても多彩でもっと気や頭をつかわないといけない仕事についたほうがよいのでは・・・というあせりがあるのです。年が中途半端で社会に未練をのこしているもので。。

ところで今日は日曜日、毎週両親が車で食材を届けにきてくれる日ですが、夜に用事があるのでこちらにはいつもより1時間ほど早くつくとのこと。

朝は0630に目覚め、昼の約束までフル活動でした。母の差し入れの総菜のあまり汁をのこしておいて、週末、それをもとにカレーをつくった。おかげで味付けほとんどなしで美味しいカレーができた♪ あとはいつも作りだめしているにぼしとわかめの和風サラダを3つ。

1230から車で昼ご飯にガストへいったものの、満席すぎたのでデニーズへ変更、元喫煙室の暗めの席に通されたけど、これがかえっておちついてよかった。ローストビーフサラダと栗のパルふぇをたべて、2時半にはおいとました。

姉と母が荷物をもって私の部屋にやってきた。お父さんは4階まであがるのがしんどいので車でまっている。
今日の凍ってない食材の差し入れは、レタスメインのエビサラダ、ゆでたまごとトマト、殻をとってゆがいた、ぷりっとしたエビがはいってる。手の込んだサラダ。自家製カニクリームコロッケ。カレイのにつけ。どれも一般家庭でも外食でも、なかなか簡単に食べれないものだよ、すばらしいね!ありがとう。

お返しに、総菜の煮汁をためたもので作ったカレーと、私流のニボシとわかめとかにかまの、海鮮サラダを持って帰ってもらって物々交換。
今週もカレーつくれるかな?

それに加えて、父が10年前からやってる株取引が、このごろ調子をとりもどしてきたみたいで、5万円、わたしにお小遣いをくれた!いつも願ってたし、なかなかうまくいかないのが長引いてたので、このごろ調子が戻り出したことを前家に帰った時聞いて、うれしかったけど、こづかい5万も持たせるほど回復したとはめでたい、記念碑的なお小遣いだったので、封筒に日記をかいて大事にしまっています。

体にきをつけて、充実した楽しい日々をおくってほしいですね。来週もよろしくね。
   

昨日の反省/牛すじ肉の話から

<u><font color="#0066cc">あなたが育てるキク科の花占い</font></u><a href="https://uranai-pr.biz/asteraceae/">https://uranai-pr.biz/asteraceae/</a>&#160;無料占い。生年月日を入れてボタンをおすと結果がでます。なかなかよいね♪

ところで、昨日の記事は、睡眠剤とほろよいももを飲んで途中で目が覚めたときに書いたので、何を書いたのか記憶にございません!!それどころかブログを書いたことさえ、忘れてました。

ブログ読んだよ、と自分の行動を人からきいて知って、ああ自分はそういえばブログを書いような気がすると思いだした。こわごわ、内容を確認するためと、また11月用に壁紙をかえるために、今さっき管理画面から昨日の記憶にない記事確認しました。

やはりよっぱらいは誤字脱字多いし乱雑な書き方してるな~。しかし。律義に手入れして完成品にするほどの内容でもなかったので、そっとしておきます。笑 内容はおいといて、ブログ書ける状態や気分に戻ったことがありがたい。

おでんの筋肉について書いてたようでした。私は今まで生きてきて30回くらいおでんのすじ肉食べてきたのに、全然なにも思ってなかったのに。彼は大変感心して、これは価値がある、高いで、なかなか食えるもんじゃないってひたすら感心してたと。

でも私個人的には、すじ肉ってどこがそんな価値あるのかわからなくて。だって手塩にかけて育てられた霜降りでもない、本来食えない筋の部分、アキレス腱みたいものじゃない?なんにせよ、「すじ」がある食材はたいがいが食べるようなもんじゃないと敬遠されるか、歯がたたないと困られてるのになんで、ぎゅう筋だけ貴重で高いんだろ。

しかも調理に手間がかかることといったら・・・圧力鍋で20分ほどかけて柔らかくしてから、ようやく使える食材として、味付け調理できる状態になれる。つまりぎゅうすじって、本来食えない破棄するようなものに、圧力鍋で無理をかけてようやく食材に変えてるような、大したことないもんなんです(私的意見)。

だけど。おでんに入る肉は、絶対豚ではいけないし、鶏ミンチもだめ、牛の角切りでも薄切りでも霜降り和牛でも気持ち悪くて、牛すじに限る。これ考えてみたら不思議じゃないですか。

おでんのほかに、牛筋にかぎる料理ってあるかなとよく考えてみたけど、味噌だきくらいかもしれない。

としても、味噌だきって、おでんの仕上げに赤みそを足したような料理だ・・・

というわけで、ほんとにぎゅうすじってのは、本来の部位と食感において、食材として破材に近い大した価値あるもんじゃない、加えて使い道jもほとんどない、そのくせ、貴重品ぶって高いから私は、その世間のランク付けに納得がいかないんだけど。

そのかわり、おでんには牛筋以外の何をもってきてもそぐわなくて、おでんには牛筋以外ないし、何より、相性が良い以上に、ぎゅうすじが入ることによって、おでんがいきなり別格なものに変身しておしゃれになる感じがありませんか。牛筋はおでんのためだけに存在する、特別な食材なのかな。

・・・・・・・・・・・・

これ、人間同士の相性話におきかえることもできそう。たとえば、この人に対してはあの人が絶妙にマッチしてお互い10倍ランク上げになる。他のなにをも、代わりを務めることができないというような人。そういう特別な運命的なとりあわせ、ありそうに思う。また人にかぎらず。

自分を、あるいはお互いを10倍にも格上げしてくれるような、人や仕事や物事、本、映画、旅、お稽古ごと、なんらかの活動etc・・・そういうのに出会えたとしたら、今までのながい道のりや時間が、それにたどりつくための道中だったんだと、きっとだれもが思えるんじゃないでしょうか。そして今が幸せなら、それがすべて。今までの全部のことにだいぶん納得がいくのかもしれないし、もう、とおい前世の出来事・・・みたいに思えるのかもしれない。

不本意にも不遇に苦しんでいたり満たされなかったりしている多くの人たちに、今と今までの全てがひっくり返るような、奇跡の出会いが、ありますように。(ぎゅうすじからかなり飛んでいってしまった。恥ずかしい、おやすみなさい)

歴24年,個人エステサロン

日常の喧騒からはなれた 美的体験で 心の癒しと解放感を。 Lotusでは、いつ帰ってもいいような あたたか味とゆとりのある 居心地のよさを 皆様に提供させて頂くことを 目指しています。 皆さまにとってLotusが、癒されて元気になれるパワースポットのような場所になれれば幸いです。

カテゴリ

リンク

訪問者数

検索フォーム

大阪 宿泊

旅行

QRコード

QR

Lotusは7周年を迎えました!

老舗店をめざして精進してゆきますので、今後もご贔屓どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)ご新規、一見さんも歓迎です☆

プロフィール

Lotustaff

Author:Lotustaff
専任セラピストnami,HP担当kaoriです。当店ブログをご覧頂きありがとうございます。いろんな方にお会いできるのを楽しみに日々お仕事してます♪お店にも来てね~!

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ